【魚屋直伝】ポイントは2つ! お店クオリティのアジフライを自宅で作ってみよう

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

「アジフライが好きで作ってみたけれど、お店のようにおいしくできない」という経験をした人は多いのではないでしょうか。

そんな人に朗報です!

名古屋の鮮魚卸『株式会社寿商店』の2代目として働く『魚屋の森さん』が、YouTubeチャンネルにて、お店で食べられるクオリティのアジフライの作り方を紹介しています。

魚屋の森さん流アジフライのポイントは、以下の2つ。

1:さばいたアジは、両面に塩をかけてキッチンペーパーでつつみ、15分間冷蔵庫へ入れる。

2:揚げる前にアジに付ける衣は、小麦粉・とき卵・パン粉ではなく、『バッター液』とパン粉。

塩をかけて冷蔵庫に入れることで、アジの水分・臭みを取ることができるそうです。

また、アジに付ける『バッター液』とは、とき卵・小麦粉・水を混ぜ合わせた生地のこと。

魚屋の森さんが試行錯誤した結果、とき卵2・小麦粉2・水1の比率がベストのようです!

バッター液はとき卵と比べて、アジ全体に生地がたっぷりと付くため、サクサクふっくらパリっと揚げることができます。バッター液は混ぜすぎず、ざっくり混ぜるのがポイントだそう。

実食後、魚屋の森さんは「めちゃめちゃおいしい!」「既製品もおいしいけれど、生のアジを使って作ると味が全然違う」とコメント。

魚屋の森さん流アジフライは、普段私たちが作るアジフライとどれだけ味が違うのか、試してみたくなりますね!

そのほか、動画ではアジの骨せんべいも作っており、とてもおいしそうです。

魚屋の森さんいわく、「アジフライを作るときには、骨せんべいもやらなあかん 」とのこと。骨せんべいの作り方も動画でしっかり学べますよ!

YouTubeチャンネル『魚屋の森さん』ではアジフライに限らず、さまざまな魚レシピや普段は見ることのできない鮮魚店の裏側などを見ることができます。お魚好きはぜひ一度ご覧ください!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

魚屋の森さん

魚屋の森さん

  • チャンネル登録者数:31万8000人
  • 再生回数: 6159万1077回

この記事をシェアする