管理栄養士が教える、作り置き16品とは?

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

疲れていると「料理するのが面倒だな…」と自炊がおっくうな時はありませんか。

買ってきたご飯を食べるのもいいですが、節約や健康のために「できれば頑張って手料理を作りたい」と思う人もいるかもしれません。

そんな時に役に立つのが作り置き。時間とやる気がある時に、料理をしておけば、疲れている未来の自分を助けることができますよ。

YouTubeチャンネル『食堂あさごはん』では、1週間分16品の作り置きを仕込む様子が公開されています。

動画を投稿している、中井エリカさんは管理栄養士の免許を持っており、社員食堂のメニューをつくる仕事をしていたそうです。

栄養も考えられた、作り置き料理をご覧ください!

動画内ではキノコを洗わない理由や、保存の方法、小ネギが散らない切り方なども紹介しており、料理にまつわるテクニックも学べます。

マヨネーズは鶏むね肉を柔らかくする効果があるそうです。

また、中井さんは、玉ねぎを切る時は目の痛みが和らげるため飴をなめながら切っているのだとか。

玉ねぎを切ると涙が出てしまう人は、試してみる価値があるかもしれません!

動画の概要欄には詳しいレシピや分量が出ているため、動画で追いつけなかった人はこちらもご覧ください。

「この動画に出会ってから、料理が楽になった」という声も上がっている、中井さんの『食堂あさごはん』。

無理せず、時には作り置きに頼って、楽しく食事をしたいですね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

食堂あさごはん

食堂あさごはん

  • チャンネル登録者数:59万1000人
  • 再生回数: 6001万3729回

この記事をシェアする