500円玉ってどうやって作るか知ってる? 「初めて知った」「驚いた」の声

学習 By - GLUGLU編集部 更新:

※写真はイメージ

私たちが普段から使用しているお金。馴染みはあるものの、実際にどうやって作られているか知っていますか。

「お金ってどうやってできているの?」と子供から質問されたら、答えられるでしょうか。

2022年は、3.65億枚の製造が予定されている500円コイン。2021年11月1日からはデザインが新しくなりました。

その500円コインの作り方を、造幣局がYouTubeチャンネル『造幣局 / Japan Mint』で公開しています。

小学生の頃に戻ったような気分で、造幣局の工場見学を楽しめたのではないでしょうか。

傷付いたり汚くなったりしたコインは集めて溶かし、再びコインとして生まれ変わるのですね。

500円コインが複数の素材を組み合わせてできていることを、知らない人は多いのではないでしょうか。

コインの裏表や、コレクション用は通常とは別に作られているなど、大人でも初めて知った内容もあったでしょう。

動画には「お金好きにはいい動画」「驚いた」「初めて知った」などの声が寄せられていました。

作り方を知ったら、硬貨を使うたびに細かいところまで見たくなりますね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

造幣局 / Japan Mint

造幣局 / Japan Mint

  • チャンネル登録者数:3810人
  • 再生回数: 39万2199回

この記事をシェアする