電気ストーブで火災が多発 消防組合が投稿したゾッとする動画とは

ニュース By - GLUGLU編集部 更新:

※写真はイメージ

福島県の郡山地方広域消防組合のYouTubeチャンネル『郡山消防YouTubeチャンネル』。

火災予防や予防救急などの注意喚起や、日ごろの訓練などの様子を配信しています。

寒い冬は、家の中で電気ストーブを使っている人も多いでしょう。

「灯油ストーブよりも安全」という理由で、電気ストーブを選んでいる家庭もあるかもしれません。

しかし、電気ストーブでも火災につながることがあります。使い方に気を付けなければ、電気ストーブも灯油ストーブも危険なものになりかねません。

電気ストーブによる火災実験を行った動画をご覧ください。

電気ストーブの周囲に、カーテン、布団、紙など燃えやすいものを置かないようにしましょう。

ヒーター部分に直接触れていなくても発火の危険性があります。

動画では、新聞紙を近付けると、あっという間に火が燃え広がりました。

タオルでも同じです。黒く焦げ、煙が出てくると、一気に火が上がりました。

「少し濡れたから乾かそう」とヒーターの前でタオルを至近距離に置いたら、このように燃えてしまいます。

「電気ストーブだから大丈夫」と過信せず、正しい使い方をして、安全に使いましょう。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

郡山消防YouTubeチャンネル

郡山消防YouTubeチャンネル

  • チャンネル登録者数:3万200人
  • 再生回数: 979万7411回

この記事をシェアする