YouTube収益化条件が変更 チャンネル登録者数の条件が半分になるも追加されたのは…

エンタメ・バラエティ By - GLUGLU編集部 更新:

※写真はイメージ

日本時間2023年6月14日、YouTubeの収益化条件の変更が発表されました。

これまでよりチャンネル登録数、視聴時間、ショート動画の視聴数などの条件が減ったため、収益化できるYouTubeパートナープログラム(以下、YPP)に参加しやすくなります。

YouTube収益化条件が変更に!その条件とは

変更前は、チャンネル登録者数1千人以上で、直近12か月の総再生時間が4千時間または、直近90日間のショート動画の視聴回数が1千万回の条件をクリアした人がYPPに参加できました。

変更後は、チャンネル登録者数が500人以上で、直近90日間に3本以上動画をアップロードした上で、直近12か月の総再生時間が3千時間または、直近90日間のショート動画の視聴回数が300万回の条件となりました。

チャンネル登録者数などの制限が減りましたが、直近90日間の動画アップロード数の条件が加わったことになります。

この、収益化の条件の変更は、カナダ、イギリス、韓国、台湾、アメリカのクリエイターに向けて展開されたものです。

そのため、2023年6月14日現在、日本ではまだこの条件は適用されていないので注意してください。

YouTubeは今後数週間かけてこの変更を、対象国のクリエイターに提供する予定だといいます。

ネット上では、さまざまな声が寄せられていました。

・これは大きな変更なのでは!?日本でも展開してほしい。

・頑張ってみる価値があるかも。動画を更新しておこう。

・緩和されるんだ!これなら私でも収益化できるかも。

収益化の条件の1つの壁でもあった登録者数が減ったので、YPPに参加しやすくなった人もいるでしょう。日本での展開も楽しみに待ちたいですね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

YouTube Creators

YouTube Creators

  • チャンネル登録者数:725万人
  • 再生回数: 3億1688万3211回
関連ワード
for YouTube クリエイターYouTubeハウツー

この記事をシェアする