『a lot of』を「アロットオブ」と発音してた人には驚きの事実 「全然違うじゃん!」の声も

学習 By - GLUGLU編集部 更新:

ロサンゼルス在住のバイリンガル、アリーとファジーが英語を教えてくれるYouTubeチャンネル「『あいうえおフォニックス』英語発音」。

動画を見て学べば、自然に英語らしいリズムで発音ができるようになるといいます。

『a lot of』の発音は「ア・ロット・オブ」ではない?

視聴者から、「会話の中で登場した『a lot of』という単語がまったく聞き取れない」というコメントが寄せられました。

『a lot of』は中学生の頃『たくさんの~』という意味で習ったでしょう。

その時、発音は「ア・ロット・オブ」と学んだのではないでしょうか。しかし、実際に英会話の中では「ア・ロット・オブ」とは発音していないといいます。

きっとコメントを寄せた視聴者も「ア・ロット・オブ」とは、聞こえなかったのでしょう。

では、どのように発音しているのでしょうか。実は最初の『a』から、発音のポイントがあったのです。

まず『a』は、前に子音があるとくっついて発音します。

そのため『a』の前に子音がある『There was a~』などは、「ゼア・ワズ・ア」ではなく、ひとかたまりの単語のように「ゼアワザ」という発音になるのです。

さらに『lot of』も「ロット・オブ」とは発音しません。「ララ」または「ロロ」と発音します。

また『of』は続く単語によって、発音が異なるのだとか。

詳しい発音方法は、動画を参考にしてみてくださいね。動画の最後には練習問題もあるので、復習をしてみましょう。

動画には「全然発音が違うじゃん!」「スッキリしたわ」「とても勉強になった」という声が上がっていました。

同チャンネルには、ほかにも発音の勉強になる動画が公開されているので、英語学習の参考にしてみてくださいね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

『あいうえおフォニックス』英語発音

『あいうえおフォニックス』英語発音

  • チャンネル登録者数:48万7000人
  • 再生回数: 5018万4507回

この記事をシェアする