蚊に刺されたらまずやることは?痒みを抑える方法は? 意外と知らない正しい対処法

フィットネス・健康 By - GLUGLU編集部 更新:

※写真はイメージ

医薬品メーカー『第一三共ヘルスケア』が、「セルフケア情報をより身近に感じ、親しんでもらいたい」という思いを込めて誕生したという猫のキャラクター『ねこいちさん』。

YouTubeチャンネル『ねこいちさん 〜楽しく健康セルフケア〜』では、ねこいちさんが生活に役立つ情報をアニメで発信しています。

蚊に刺されたらどうする?かゆみを抑えるには…

夏は蚊が増える時期。特に自然が豊かな場所に出かけると、蚊に刺されることも多いでしょう。

蚊に刺されると、とってもかゆいですよね。かきむしってしまうと、あとになってしまったり、血が出てしまったり…。

蚊に刺された時の正しい対処法を覚えておくと、いざという時に役立ちますよ。

動画はこちら

蚊は、血を吸う時に唾液を出します。その唾液がアレルギー反応を起こして、かゆみを引き起こすのだとか。

虫に刺された場合は、まず水で洗い流すなどして患部を清潔にすることが大切。その後、かゆみ止めの薬を塗りましょう。

しかし、薬を塗ってもかゆくて仕方がない時もありますよね。そんな時は、冷やすとかゆみを抑えられるといいます。

実際に筆者も、蚊に刺された患部がかゆくて仕方がない時に、保冷剤を使って冷やしてみました。すると、かゆみを抑えることができたので、かきむしる前に冷やしてみてくださいね。

動画では、無意識のうちにかきむしるのを防ぐために、かゆみ止めパッチが推奨されていました。また、かゆみ止めの薬を塗る時は、すりこまずに優しく伸ばすようにするといいそうです。

ほかにも、ハチに刺された時の応急処置方法が紹介されています。

以前ハチに刺されたことのある人は、アナフィラキシーショックを起こす可能性があるので、要チェックです。

虫刺され対策や、対処法を学んで、夏のレジャーを楽しみましょう!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

ねこいちさん 〜楽しく健康セルフケア〜

ねこいちさん 〜楽しく健康セルフケア〜

  • チャンネル登録者数:1170人
  • 再生回数: 103万1176回
関連ワード
ねこいちさん 〜楽しく健康セルフケア〜

この記事をシェアする