骨格診断を徹底解説! 骨格タイプが分かれば、似合う服が見つかるかも

美容・ファッション By - GLUGLU編集部 更新:

『骨格診断』という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

骨格診断は、それぞれの骨格の特徴から、自分がどの骨格タイプかを知る診断です。

骨格のタイプを大きく『骨格ストレート』『骨格ウェーブ』『骨格ナチュラル』の3つに分け、自分の骨格が見つかれば似合う洋服などが分かります。

骨格タイプを自己診断したい人は…

骨格タイプは、プロに診断してもらうか、自己診断をする方法があります。

動画を投稿している、マイさんとヨーコさんは、「信頼できるプロに診断してもらうほうが、間違いが少ないのでおすすめ」と話していました。

一方で、診断料がかかることや、予約などの手間がかかることから自己診断をする人も多いです。

自己診断をしたものの、「これであっているのかな…」と不安な人は、YouTubeチャンネル『マイとヨーコの世界一分かりやすい骨格診断とパーソナルカラー診断』を見てみると解決できるかもしれません。

動画に登場するマイさんは『骨格ストレート』、ヨーコさんは『骨格ウェーブ』です。

『骨格ストレート』は、胸に傾斜があるのが特徴。ヨーコさんと、マイさんの骨格を横から見ると違いがよく分かります。

横を向いた時に、喉元から胸辺りが平らな場合は『骨格ウェーブ』な人が多いそうです。厚みが出るか、薄くなるかが判断基準になるでしょう。

『骨格ナチュラル』の人は、『骨格ストレート』寄りと『骨格ウェーブ』寄りの人がいるといいます。

ウエストの形は、丸か、楕円か、四角かで骨格タイプが判断できるのだとか。

『骨格ストレート』は円柱ボディのため、ゴムの入ったスカートが360°前に広がってしまいがちです。

一方、『骨格ウェーブ』はスカートが横に広がってしまいがちという特徴があります。

ほかには、首や、鎖骨、腕、手のチェックポイントを解説していました。

『骨格ストレート』のいいところは、水着や下着がキレイに見える点です。引き算をしながらコーディネートをするといいでしょう。

『骨格ウェーブ』のいいところは、着やせをする点ですが、完璧なオシャレをするのが難しいため、研究が必要だそうです。

『骨格ナチュラル』のいいところは、似合う服が多いことなのだとか。

男性も、自分の骨格タイプを知っておくといいと話します。

ヨーコさん

女性も男性も、肌の質感、身体の重心により、洋服の似合う素材、デザインや、サイズ感が異なります。

自分の骨格を知ることにより、お買い物の失敗が減ったり、似合わないものの理由が分かったりします。

ヨーコさん

自分に似合うものが分かることで自信を持てたり、スタイルアップするお洋服を買えるようになったりするので、時短にもつながります!

女性と男性で、骨格の特徴を見るポイントに違いはなく同様です。

ちなみに2人によると、プロに診断を頼む場合は、下記の4点に注意するといいそうです。

1. 診断実績。
2. snsをリサーチ。
3. 診断士の雰囲気が自分にあっているか。
4. 価格が安すぎていないか。

骨格ストレートの着ぶくれ対策

日本人は『骨格ストレート』の人が多いといわれています。

『骨格ストレート』の人は、着ぶくれしやすく、先ほどの動画でも引き算のコーディネートをおすすめしていました。

では、実際にコーディネートをする時にどのようなことに気を付けたらいいのでしょうか。

『骨格ストレート』の人に似合う素材は、光沢感やハリがある洋服だといいます。

似合うブラウスは、素材にしっかり厚みがあるもので、首が詰まっていないタイプがいいでしょう。

一方、苦手な素材は、扇風機の風で揺れるようなテロテロした薄いもの

また、三分丈の袖も苦手のため、ノースリーブを選んだほうがいいそうです。

特に、ウエディングドレスや、パーティードレスで失敗しがちな袖の長さ。ノースリーブか、半袖の2択から選んだほうが、似合うそうなので、参考にしてみてくださいね。

『骨格ストレート』の人が、ふわっとしたレースや胸元が華やかなレース服を着ると、着ぶくれして雪だるまのように見えてしまいがち。

レースの洋服を着たい時は、素材や柄の細かさに気を付けるといいですよ。

『骨格ストレート』のマイさんが似合うレースの洋服に着替えると、その違いが一目瞭然ですね!「レース素材は似合わない…」と諦めるのではなく、似合うレースの洋服を探してみてください。

ほかには、苦手なハイネックや、柄を解説しています。

どのような洋服が自分に似合うのか、どういった洋服は避けるべきなのかがよく分かりますよ。

チャンネル情報

マイとヨーコの世界一分かりやすい骨格診断とパーソナルカラー診断

マイとヨーコの世界一分かりやすい骨格診断とパーソナルカラー診断

  • チャンネル登録者数:6万1300人
  • 再生回数: 1295万7663回
関連ワード
Pickupクリエイター

この記事をシェアする