千葉ロッテ名物アナウンスが通算2100試合で卒業 球場からのサプライズコールに鳥肌!

野球 By - GLUGLU編集部 更新:

2023年のシーズン限りで千葉ロッテマリーンズの場内アナウンス担当の引退を決めていた、谷保恵美さん。

通算2100試合、33年間にわたりスタジアムに美声を響かせてきました。

レギュラーシーズン最終戦を迎えて、サプライズセレモニーが行われた同年10月7日。

谷保さんに密着した動画を、千葉ロッテマリーンズのYouTubeチャンネルが公開しています。

谷保さんのラストを飾る試合には、多くの人から寄せられたお祝いの花がズラッと並べられていました。中には、埼玉西武ライオンズからの花も見受けられます。

選手もコーチも、谷保さんとの思い出がたくさんある様子。

大塚明コーチは、2008年にユニフォーム間違いで谷保さんに呼び出しを受けた思い出を語っていました。

そして、試合後には「今まで、ありがとうございました」と言葉を詰まらせながらアナウンスする場面も。球場からは大きな拍手に包まれます。

サプライズセレモニーでは、花束を受け取りチームのメンバーに囲まれて写真撮影。観客からは『谷保コール』が上がります。

「まさかの展開に動揺中です」と話す、谷保さん。電光掲示板にも選手と並んで、谷保さんの名前が表示されていました。

セレモニー後も、記念ボールをもらうなど、まだまだサプライズ尽くし。谷保さんに感謝を伝えたいチームのメンバーが続々と集まってきました。

千葉ロッテマリーンズに在籍していた選手からも、お祝いの花がたくさん寄せられており、谷保さんが名前をアナウンスをする場面も。

最後は、谷保さんおなじみのアナウンス「サブローーーー」で締めました。

【ネットの声】

・谷保さんあっての千葉ロッテマリーンズだったと思います。

・『谷保コール』には鳥肌が立ちました。「サブローーー」は最高の締め。

・名前は存じ上げなくても、声はずっと記憶に残っていました。

谷保さんのアナウンスは、チームのメンバー、そしてファンの心の中で響き続けることでしょう。

2023年のクライマックスシリーズ進出を決めた、千葉ロッテマリーンズ。レギュラーシーズンは最終戦を迎えましたが、もう少し谷保さんのアナウンスが聞けそうですね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

千葉ロッテマリーンズ

千葉ロッテマリーンズ

  • チャンネル登録者数:25万4000人
  • 再生回数: 2億1135万9487回

この記事をシェアする