肉や魚がくっつかない冷凍テクニックに目からウロコ! なるほど、そういう方法があったか…

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

一人暮らしを経て、「何気ない成功の積み重ねが、自信につながることを学んだ」という投稿者さんが、生活に役立つライフハックなどを紹介しているYouTubeチャンネル『何気なしチャンネル』。

食品の大型パックはコスパがいいですが、一人暮らしだとなかなか消費ができないかもしれません。

そんな時に役立つのが冷凍保存。取り出す時にくっつかない冷凍保存術を紹介しています。

くっつかない肉・魚の冷凍術

肉や魚は、冷凍保存しておくと、使い勝手がよくて便利です。

しかし、難点は肉同士、魚同士がくっついてしまうこと。投稿者さんの冷凍術をマネすれば、そのような難点も避けられそうですよ。

ひき肉は、肉の表面を平らにしたらラップの上からヘラなどを使って分割します。この時、四隅を大きめに取るのがポイントだそうです。

袋に入れたひき肉を、めん棒などで平らに伸ばして冷凍。凍ったらフリーザーバッグなどにまとめて入れると、かさばりませんね。

包丁で切れ目を入れて板チョコのように割ると、使いたい分だけ取り出すことができます。

ひき肉以外は、ミルフィーユ状にして冷凍にするのだとか。

ラップを2重にして敷いたら、その上に肉や魚など冷凍したいものを置いていきます。端からクルクルと巻いて、そのまま冷凍。

ひと晩~1日ほど経って、半冷凍状態になったらラップから取り出してフリーザーバッグに移し替えます。

こうすることで、すでに凍っている状態になるためフリーザーバッグの中で肉同士、魚同士がくっつかないようになるそうです。

投稿者さんは、ラップのまま保管しない理由を、利便性と、冷凍物を引き離しやすくするためと説明していました。

使いやすい冷凍保存

こちらの動画では、チーズもパラパラに保存できる方法を紹介しています。

冷凍すると、くっつきやすいチーズ。

まずは、フリーザーバッグに入れたら空気が入った状態で、ひと晩冷凍します。

凍ったら、揉みほぐして、今度は空気を抜いてから冷凍庫に入れましょう。

ガチガチに凍ってしまってから空気を抜いて保存すると、くっついてしまっていることがあるので、半冷凍ぐらいが目安だといいます。

ほかにも『何気なしチャンネル』には、さまざまな冷凍保存テクニックが紹介されているので、気になる人はチェックしてみてくださいね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

何気なしチャンネル

何気なしチャンネル

  • チャンネル登録者数:3070人
  • 再生回数: 72万747回

この記事をシェアする