肉の解凍レンジはNG?お肉が安くなる時期は? 精肉店が教えるライフハックが役立つ

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『街の小さなお肉屋さん』の写真

京都府宇治市にある精肉店『肉のモリタ屋』のYouTubeチャンネル『街の小さなお肉屋さん』。

みなさんは、お肉をどこで買っていますか。新鮮なお肉を売っていそうな精肉店に興味はあっても、買い方が分からず、なかなか足を運べないかもしれません。

『街の小さなお肉屋さん』では、何を買うか、どのくらい買うかを『肉のモリタ屋』の店長が紹介しています。

これを見れば、精肉店に行ったこともない人も安心してお肉を買うことができるでしょう!

お肉が安い時期はいつ?精肉店での買い方は?

お店に入ったら「何か買わないと出られない…!」と思うかもしれませんが、買わずに出ても問題ないといいます。初めて来店して買い方などが分からない場合は「初めて来ました」と店員にいえば教えてくれるでしょう。

買うお肉が決まっていない場合、こま切れ肉やひき肉など安いお肉を買うのがおすすめだといいます。切り落とし肉がおいしいお店は、ほかのお肉もおいしいのだとか。

精肉店でお肉を買うメリットは、店員と会話や相談ができることです。

「このお肉を4枚ください」とお願いすることもできれば、「4人家族で、すき焼きをしようと思っているんです」と相談すれば提案もしてもらえます。

ほかにも、精肉店ならではのメリットを紹介していますよ。使うお肉が決まっている場合の買い方にも注目です!

お肉は季節問わず食べたくなるものですが、昨今値上げが多いと、金額が気になりますよね。

ずばり、店長の宮崎さんにお肉が安くなる時期を聞いてみました。

『街の小さなお肉屋さん』宮崎さんのアイコン
宮崎さん

冬は焼肉用が安くなり、夏はすき焼き用やしゃぶしゃぶ用のスライス肉が安くなります。

『街の小さなお肉屋さん』宮崎さんのアイコン
宮崎さん

お肉は夏と冬が繁忙期で、8月と12月は相場が高いのでお肉の値段は高めです。

春と秋は相場が比較的安いため、特別高くはなりません。これは全国共通です。

お肉を買う時は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

こういった情報は、精肉店で直接店員さんに聞いてみるのもいいかもしれません。

お肉をおいしく冷蔵するには?

せっかく買ったお肉が、食べる頃には鮮度が落ちておいしくなくなってしまったら残念ですよね。

精肉店が教える、お肉をおいしく保存する方法を見てみましょう。

おいしくするには、温度変化によるダメージと、重ねて保管することによるダメージを減らすのがポイントだといいます。

買ったまま冷蔵庫に入れるのではなく、レジ袋などに包んだまま冷蔵保存するのが一番簡単な方法なのだとか。

また、冷蔵庫の温度は一定ではないため、お肉を買った状態のまま新聞紙で巻いてレジ袋に入れると温度を一定にできるそうです。

冷蔵庫のスペースがないとやりがちな、肉の上にモノを置く行動も、実はNG。

特に横から見てデコボコしているお肉は、肉の上にモノを置いた時にダメージを受けやすいので気を付けてくださいね。

OKな重ね方も紹介しているので、冷蔵庫でスペースがない人は参考にしてみてください。

動画では、お肉にラップの使用をおすすめしない理由も解説しています。

これまでの行動も実はNGだったかもしれません…!今からできることもあるので、一度目を通してみてくださいね。

お肉の解凍方法を紹介!レンジはNG?

こちらの動画では、お肉をおいしく食べる解凍方法を紹介しています。

凍ったままのお肉を冷蔵庫で20時間かけて解凍。

「ちょっとまだ凍っているかな」と思ったら、室温で溶かし切るのがおすすめだといいます。かたまり肉の場合は、切ってから溶かすのもOK。

焼き肉など、焼いて使う場合は完全に溶け切った状態がいいそうです。煮込み料理の時は、多少まだ凍っていてもそのまま使っていいのだとか。

電子レンジなどで急激に解凍すると、水分が出て味が落ちてしまうため、ゆっくり解凍することをおすすめしていました。

精肉店がYouTubeを始めて…

店長の宮崎さんがYouTubeを始めたきっかけは「貢献したい」という思いからだったといいます。

『街の小さなお肉屋さん』宮崎さんのアイコン
宮崎さん

街の精肉店は衰退産業なので、動画を配信することで精肉店を知ってもらって『お肉屋さんの発展』に貢献したいと思いました。

チャンネル名を『街の小さなお肉屋さん』という名前にしたのも、それが理由です。

『街の小さなお肉屋さん』宮崎さんのアイコン
宮崎さん

普通なら『宮崎のミートチャンネル』とかになりますが、「街のお肉屋さんってこういうものなのだ」と知ってもらうために、この名前にしました。

また、売っている商品をアピールしていないのにも理由があるそうです。

『街の小さなお肉屋さん』宮崎さんのアイコン
宮崎さん

商品をアピールするのではなく自分たちのことを知ってもらうことで、「この商品を買いたい」ではなく、「この人から買いたい」と思ってもらいたいと考えています。

そのため、商品アピールはほとんどしておりません。

しかし、『お肉×YouTube』という掛け合わせだからこそ難しいところもあるのだとか。

『街の小さなお肉屋さん』宮崎さんのアイコン
宮崎さん

私に限ったことではありませんが通常の業務を行いながら、毎週新しい内容の動画を撮影し編集するのは想像以上に大変です。

新しい商品を毎週作り続けるのと同等なので…。

『街の小さなお肉屋さん』宮崎さんのアイコン
宮崎さん

お肉は生き物ですので粗末に扱ってはいけない。大事に感謝を持って仕事をするのが当たり前な中、奇抜な動画は出せない。

私たちは粗末に扱っているつもりがなくても、視聴者さんが不快になるような動画は出せません。

2019年11月からYouTubeに動画投稿を始めた『街の小さなお肉屋さん』。YouTubeを始めて発見したことや驚いたことなどを聞いてみました。

『街の小さなお肉屋さん』宮崎さんのアイコン
宮崎さん

動画を作るにあたり、お肉の知識などいろいろなことをより深く学ぶことができました。

また、お肉の検証動画など、さまざまな検証をすることで新たな発見がいっぱいありました。

『街の小さなお肉屋さん』宮崎さんのアイコン
宮崎さん

あとテレビ局や雑誌など全国の会社からの問い合わせが増えましたね。

先日プーケットで会社経営をされている社長から仕事の依頼があり、私が現地のタイ人にお肉のことを教える『コーチング・先生』を1週間やってきました。

精肉店の魅力は伝わったでしょうか。

スーパーで買うのもいいですが、精肉店で買うからこそ分かることもあるでしょう。

『街の小さなお肉屋さん』では、料理に合うおすすめの部位や、包丁での切り方も紹介しているので、お肉にまつわる悩みがあったらチェックしてみてくださいね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

街の小さなお肉屋さん

街の小さなお肉屋さん

  • チャンネル登録者数:1万4500人
  • 再生回数: 284万5733回
関連ワード
Pickupクリエイター街の小さなお肉屋さん

この記事をシェアする