眠れない時の対処法を、鍼灸師が伝授 寝つきをよくするには『あの部位』を冷やす?

フィットネス・健康 By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『久保和也 / 押上クボ鍼灸院』の写真

緊張やストレス、日々の生活習慣によって引き起る、睡眠不足。

十分な睡眠がとれていないと、翌日の仕事や勉強などにも影響がでてしまうでしょう。

鍼灸師の久保和也さんが、東洋医学の健康法を発信するYouTubeチャンネル『久保和也 / 押上クボ鍼灸院』。

今まで、あらゆる患者を診てきた久保さんが、寝つきが悪い人の特徴と解消法を紹介しています。

「なかなか眠れない…」と悩んでいる人は、ぜひチェックしてみてくださいね!

鍼灸師が教える、寝つきが悪い人の特徴と解消法

寝つきが悪い人の特徴として、最初に挙げたのは、頭部に余計な熱がこもっている人です。

頭部に熱がこもると、脳が興奮状態になり、眠りにつくことが難しくなるといいます。考えごとを行ったり、調べものをしたりすると、脳が覚醒し、熱が発生するため注意しましょう。

次に挙げた特徴は、身体に炎症がある人。アレルギー性鼻炎や皮膚炎などの慢性炎症も、頭部に熱がこもってしまう原因だといいます。

また、下半身や足先が冷えている人も、寝つきが悪い人の特徴なのだとか。

東洋医学では、頭が冷えていて足が温かいことを指す、『頭寒足熱(ずかんそくねつ)』が健康な状態という考えがあるそうです。

頭が熱っぽくて下半身が冷えている状態であると、頭部に熱がこもり、寝つきが悪くなります。

では、紹介した3つの特徴の、いずれかに当てはまる人は、一体どのような対策をすればいいのでしょうか。

久保さんは、おすすめのセルフケアとして、後頭部を冷やし足首を温めることを勧めています。

動画の後半に、詳しい方法や温める時に便利なアイテムなどを紹介しているので、ぜひ見てみてくださいね!

【ネットの声】

・さっそく試してみようと思います。

・とても貴重な情報を、ありがとうございます!

・試してみたら、9時間もぐっすり眠ることができてびっくり!

同チャンネルでは、足先の冷えを改善する、ツボ押しマッサージも紹介していますよ。

気持ちのいい朝を迎えるためにも、日々の生活にセルフケアを取り入れ、質のいい睡眠をとりましょう!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

久保和也 / 東洋医学の専門家

久保和也 / 東洋医学の専門家

  • チャンネル登録者数:2万4900人
  • 再生回数: 143万6056回

この記事をシェアする