ふたにくっ付く海苔弁の海苔 便利な解決策に「コレは試したい」「それだけで?」

ライフハック By - COLLY 更新:

お昼ごはんの海苔弁。いざ食べようとふたを開けると、海苔がふたに張り付いてしまっていたということはありませんか。

ふたから海苔を慎重に剥がす必要があり、場合によってはきれいに剥がれないこともあります。また、海苔がふたに残っていると洗う時に面倒です。

朝日放送テレビが運営するOnnela(OnnelaTV)のYouTubeチャンネルでは、海苔弁の作り方のコツに加えて、日々のお弁当作りに活用できる便利な裏技を紹介しています。

ふたにくっ付かない海苔弁の作り方

海苔弁を作る時に、海苔を『ご飯の上に1枚のせる』という人が多いのではないでしょうか。実は、海苔を2枚使うだけでふたにくっ付かなくなるというのです。

はじめに海苔1枚に醤油を垂らし、そのままご飯の上にのせます。ご飯にのせた海苔の上から、もう1枚の海苔をのせましょう。あとはおかずを入れて、お弁当箱のふたを閉めれば完成です。

海苔を2枚重ねただけなのに、なぜ海苔がふたにくっ付かないのでしょうか。

その理由は、1枚目の海苔がご飯の水分を吸い取ることで、2枚目の海苔が乾いた状態を保てるからです。パリパリとしっとり、両方を楽しめる海苔弁をぜひ味わってみてください。

ソースやケチャップをふたに付けないおかずの詰め方

お弁当に入っていると嬉しいものといえば、ハンバーグやコロッケなどのボリューミーなおかずです。しかしソースがふたに付いていると、少し残念な気持ちになってしまいます。

おかずを詰める時はソースを上からかけるのではなく、カップの底にソースを入れましょう。ふたにソースが付かないのはもちろんですが、ディップ感覚で食べられるのも嬉しいポイントです。

マヨネーズとセットになりやすいブロッコリーは、房の間にマヨネーズを埋め込んでしまいましょう。どの方向から食べてもマヨネーズの味を感じられ、マヨネーズがベチャッとならないので見た目も抜群です。

おかずの上からソースやマヨネーズがかかっていないので、ふたが汚れることもありません。

裂けないちくわキュウリの作り方

『ちくわキュウリ』は、お弁当の定番おかずです。ちくわの穴に合わせてキュウリを切っても、ちくわが裂けてしまうことはありませんか。

ちくわが裂けてしまう原因となるのは、カットしたキュウリの側面です。ここをピーラーで削って、滑らかにしてしまいましょう。

削る部分が細いので、ピーラーを使う時は注意が必要です。左右とも削れたら、ちくわの中に入れていきましょう。

キュウリの側面が滑らかになっているので、ちくわの中にすんなりと入ります。お弁当だけでなく、おつまみを作る時にも役立つでしょう。

OnnelaのYouTubeチャンネルでは、暮らしに役立つさまざまなライフハックをチェックできます。気になる人は、ぜひほかの動画もご覧ください。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

Onnela [オンネラ]

Onnela [オンネラ]

  • チャンネル登録者数:26万2000人
  • 再生回数: 9873万7540回
関連ワード
Onnelaお弁当

この記事をシェアする