『お正月あるある』を解決! 家に『ジップロック®』がある人は試してみて

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

切り餅の写真

お雑煮やおしるこに入れて食べるとおいしい、お餅。

しかし、食べきれず余ってしまうのはお正月の『あるある』かもしれません。

みなさんは、余ってしまったお餅をどのように保存していますか。

旭化成ホームプロダクツ株式会社のYouTubeチャンネルでは、『サランラップ®』と『ジップロック®』を使った冷凍保存方法を紹介しています。

余ったお餅を冷凍保存する方法

動画はこちら

まずは、余ってしまった切り餅を1個ずつ『サランラップ®』で包みます。こうすることで水分が蒸発して乾燥するのを防ぐのだとか。

包んだお餅を、まとめてフリーザーバッグに入れたら空気を抜いて冷凍保存します。工程はたったのこれだけ!なんて簡単なのでしょう。

解凍して使いたい時は、切り餅を水にくぐらせます。お皿にクッキングシートを敷き、その上に乗せたらレンジで解凍するだけ。

お餅によって解凍時間は変わってくるので、様子を見ながら行いましょう。レンジで解凍すると、お餅は柔らかくなるため、お雑煮やおしるこにして食べてみてくださいね。

トースターで調理する場合は、アルミホイルの上に半解凍した餅を乗せ、こんがりと色がつくまで焼けばおいしく食べられますよ。

切り餅を2個食べれば、ご飯茶碗1杯と同じぐらいのカロリーだといいます。

「ご飯を炊くのを忘れていた!」という時に、切り餅があれば便利でしょう。

かしこく冷凍保存して、無駄なくおいしく食べたいですね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

旭化成ホームプロダクツ(サランラップ・ジップロック・クックパー)

旭化成ホームプロダクツ(サランラップ・ジップロック・クックパー)

  • チャンネル登録者数:1万900人
  • 再生回数: 9695万1563回
関連ワード
旭化成

この記事をシェアする