ギャル曽根「本当に美味しいの」と大絶賛! 母がパン粉の代わりに入れたものとは?

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

ハンバーグを作るイメージ画像
※写真はイメージ

みなさんは、家庭の味で思い出すのはどんな料理でしょうか。

いつも多彩なレシピをYouTubeに投稿しているタレントのギャル曽根さんは、母親の作ったハンバーグが思い出深い味だといいます。

「小さい頃から食べている」というハンバーグは、ギャル曽根さん自身も作り方をよく知らないそうです。

そのため、母親に作り方を教えてもらいながら、一緒に作ることにしました。

ギャル曽根、母親直伝のハンバーグを作る

動画はこちら

「本当においしいの!」という、ギャル曽根さん。家族は、「世界で一番おいしいハンバーグ」といっているそうです。

まずは、タマネギをみじん切りにして油で炒めます。

ギャル曽根さんは「パン粉は使わないの!」と話し、母親は食パンを大きめにちぎっていました。

ちぎった食パンは牛乳を適量入れて、ふやかしておきましょう。

「小さい頃は、ハンバーグを7個食べていた」と思い出を語るギャル曽根さん。

しかし、ギャル曽根さんの恋人が自宅へやってきた際に、ハンバーグを1個食べるごとに追加で出てくるため、恋人がもう家に来なくなってしまったエピソードも披露しました。

ソースは、トマトジュースを入れて作ります。手を止める様子なくトマトジュースを入れ続ける母親に、ギャル曽根さんは「1本全部入れるの!?」と驚きを隠せません。

母親は「煮込みハンバーグだからいいのよ。少し余ったらおいしいから」といい、1本すべてを入れて、水750㎖を追加しました。

ほかに塩、醤油、ケチャップ、みりん、中濃ソースを追加して、味を整える母親。

量をはからず、適当に入れるのはギャル曽根さんも、母親も同じなようです。

合いびき肉に、塩こしょう、炒めたタマネギを入れたら、卵と、牛乳でふやかしたパンを追加してタネを作ります。

「今日は小さめにしておこうかな」と母親が作ったハンバーグは、巨大!

表面が焼けたら、裏面も焼いて、ソースの中に入れていきましょう。少し煮込めば、煮込みハンバーグのでき上がりです。

食べたスタッフは「食べた瞬間、溶けちゃう」と大絶賛!お肉を使わずに、パンと牛乳を使うことでたくさん食べられるぐらいおいしいそうです。

母親は、「ベースさえしっかりしていれば大丈夫」とおいしさの秘訣を語っていました。

動画には「ギャル曽根さんの料理上手のルーツが分かりました!」「とってもおいしそう」「今度マネして作ってみます」などの声が寄せられています。

みなさんも、パンと牛乳を用意して、ギャル曽根家流のハンバーグを食べてみてくださいね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

ギャル曽根公式チャンネル「ごはんは残さず食べましょう」

ギャル曽根公式チャンネル「ごはんは残さず食べましょう」

  • チャンネル登録者数:66万4000人
  • 再生回数: 1億3609万9694回
関連ワード
ギャル曽根

この記事をシェアする