【ダイソーで備える防災対策】500円で作れておすすめ! 「作ってみます」

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

ダイソーの商品で作る防災ボトルの画像

2024年1月1日16時過ぎに発生した、石川県能登地方を震源とする『令和6年能登半島地震』では、家屋倒壊や大規模火災などが起こり、多くの人が被害に見舞われました。

自然災害が多い日本では、日頃から備えておくことが大切です。

しかし、防災グッズを一式そろえると、想像以上に出費がかさんでしまうことも…。

500円で作れる防災ボトル

以下、YouTubeチャンネル『よう│明日から使えるライフハック術』の動画では、100円ショップ『ダイソー』の商品だけで作れる防災ボトルの作り方を紹介しています。

『防災ボトル』を作るのに必要な商品は、以下の通りです。

・口が広い500㎖のドリンクボトル

・ホイッスル付きの懐中電灯

・アルミブランケット

・チャック付きの保存袋

・絆創膏

全部そろえて、たったの500円!いざという時に役立つアイテムばかりです。

チャック付きの保存袋には、薬や絆創膏、お金を入れておくと、ボトルの中で収納アイテムが混ざらないため便利ですね。

動画を見た人からは、たくさんのコメントが寄せられていました。

・どこで被災するか分からないから、家に備蓄するばかりではいけないよね。作ってみます!

・コンパクトだから職場のロッカーに置いておいても安心ですね。

・普段使いのリュックやバッグに入るし、何より軽い!

防災ボトルは、コンパクトなので玄関先や車のドリンクホルダーに常備しておいても邪魔になりませんね。

100円ショップの商品で簡単に作れるので、ぜひ、家族の分も用意してみてくださいね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

よう│明日から使えるライフハック術

よう│明日から使えるライフハック術

  • チャンネル登録者数:16万7000人
  • 再生回数: 1億8088万6359回
関連ワード
100均よう│明日から使えるライフハック術防災

この記事をシェアする