北斗晶が『豚の生姜焼き』に入れるのは… 「知らなかった!」「絶対マネしよう」

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

※写真はイメージ

おかずの定番、豚の生姜焼き。薄切り肉を使ったり、甘さを控えめにしたり、後からタレを漬け込んだり、定番料理だからこそ、さまざまな家庭の味がありますよね。

料理が得意なタレント・北斗晶さんが作る豚の生姜焼きは、味噌を入れるのがポイントなのだとか。

さらに、あの食材を入れることで、驚くほど柔らかく仕上がるそうですよ!早速作り方をチェックしてみましょう。

驚くほど柔らか!北斗晶流『豚の味噌生姜焼き』

豚の生姜焼きを作る写真

※写真はイメージ

まず、タマネギ半分を薄切りにしていきます。切る前に、刃でタマネギの表面に細かく傷を入れておくと包丁がすべりにくくなるのだとか!こうした豆知識も参考になりますよね。

次に登場したのが、マイタケです。軽く刻んだら、ビニール袋にタマネギとマイタケ、調味料を入れ、よく揉み込みましょう。

豚の生姜焼きを作る写真

※写真はイメージ

北斗さんいわく、マイタケから出る酵素によって、肉が柔らかくジューシーに仕上がるのだそうです。早速マネしたくなる料理テクですよね!

豚肉は厚切りロースを使うのが北斗さん流。脂身に切り込みを入れたら包丁の背で叩き、タレと具材を入れたビニール袋に入れます。

全体が混ざるようによく揉み込んだら、15分ほど寝かせてください。

「触っただけで柔らかいのが分かる」という北斗さん。厚切り肉だとより肉の柔らかさが実感できるといいます。

豚の生姜焼きを作る写真

※写真はイメージ

いよいよ、豚肉の両面がこんがりするまで、油をひいたフライパンで焼いていきますよ。ビニール袋に残ったタレと具材は、キッチンばさみでカットして最後に入れれば簡単なのだそう。

あとはお好みの付け合わせとともに、お皿に盛りつけたら完成です!ナイフを入れた途端、「あっ!本当に柔らかい…」と声を漏らす北斗さん。

普通のショウガ焼きより、味噌ショウガ焼きの方が好みだといいます。「定番料理にしてもらいたい」「今日の夕食は絶対これにしたほうがいい!」と自身で太鼓判を押していました。

豚の生姜焼きを作る写真

※写真はイメージ

味噌とマイタケがポイントとなる、北斗さんの豚の生姜焼き。だまされたと思って、試してみてくださいね!

動画はこちら


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

北斗晶のYouTube

北斗晶のYouTube

  • チャンネル登録者数:24万2000人
  • 再生回数: 4152万4896回
関連ワード
北斗晶

この記事をシェアする