スプレーかけただけで終わってない? 虫よけ剤の正しい使い方をチェック

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

虫よけスプレーの写真
※写真はイメージ

夏が近付くにつれて、プ~ン…という音を耳にする機会が増えるでしょう。

蚊に刺されてしまうと、かゆくなって仕方がないですよね。

予防のために、スプレータイプの虫よけ剤を使う人もいますが…もしかしたら、正しい方法ではないかもしれません。

アース製薬が教える、虫よけ剤の使い方 ポイントは…

アース製薬株式会社によるYouTubeチャンネル『アース製薬情報局』では、虫よけ剤の正しい使い方を解説する動画が公開されています。

動画によれば、とにかくムラなく手で塗り広げることが重要なのだとか。

スプレータイプのものを腕に吹きかけた後は、ついそのままにしてしまいがちですが、腕や手などにまんべんなく行き渡るよう、手で広げてください。

塗り広げるのを忘れた部分があると、そこが虫に刺されてしまうことがあるためです。

虫よけスプレーの写真

※写真はイメージ

中でも、耳の後ろ、首の後ろ、足首などはつけ忘れてしまうことが多いので、気を付けてくださいね。

長時間外出する場合は、途中で虫よけ剤の効果が切れてしまわないよう、定期的に塗り直しましょう。

また、小さい子供には無添加タイプのものを使うとよさそうです。

正しく虫よけ剤を塗って、レジャーやお出かけをたっぷり満喫しましょう!

動画はこちら


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

アース製薬情報局

アース製薬情報局

  • チャンネル登録者数:1万1700人
  • 再生回数: 179万3645回

この記事をシェアする