えのきが余ってたらコレ作って! ロバート馬場の『新しいなめ茸』で、ご飯が無限に食べられそう

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

エノキの写真

シャキシャキと歯ごたえのあるエノキは、食感のアクセントとして、さまざまな料理で使われています。

ですが、エノキをメインに使った料理のレパートリーは、あまりないのではないでしょうか。

お笑いトリオ『ロバート』の馬場裕之さんは、自身のYouTubeチャンネルでエノキを使った、簡単おつまみレシピを3品紹介しています。

すべて火を使わず、電子レンジだけで手軽に作ることができるのでおすすめです。特に、酒をよく飲む人は必見のレシピですよ!

ロバート馬場のエノキレシピ1:『ピリ辛えのき』

最初に紹介したのは、ご飯のおかずにも、酒のつまみにもぴったりな『ピリ辛えのき』。

まずは、エノキを1~2cmの幅でカットして、大きめの耐熱ボウルに入れてください。

大きめのボウルを使う理由は、まんべんなくレンジの熱が通るからだそうですよ。

鶏ガラスープの素、一味唐辛子、味噌、ニンニクチューブを加え、軽く混ぜましょう。事前に混ぜておくことで、後でダマになりにくくなるのだとか。

ふんわりとラップをかけ、電子レンジで2分加熱します。一度取り出し、全体をかき混ぜて、追加で1分加熱すれば完成です!

調理中に「これは新しいなめ茸ですよ」と話していた、馬場さん。完成した料理を見ると、とろっとしていて、たしかになめ茸のようになりました。

エノキから出るとろみによって、味がよく絡み、お酒のいいアテになるそうですよ。使う材料が少なく、約7分で作れるので、試してみてくださいね!

ロバート馬場のエノキレシピ2:『カレーマヨえのき』

2品目に紹介したのは、同じく7分ほどで作れる、『カレーマヨえのき』のレシピです。

先程同様、エノキを1~2cm幅でカット。耐熱ボウルに、鶏ひき肉とカレー粉を入れて混ぜ、エノキも加えてさらに混ぜます。

ふんわりとラップをかけて、電子レンジで3分加熱。

温めたら、全体をほぐしながら混ぜます。肉に火が通っていなければ、追加で加熱してくださいね。

ポン酢、マヨネーズを加え、全体をまんべんなく混ぜましょう。馬場さんいわく、マヨネーズには、もともとポン酢が入っているため相性がいいとのこと。

後は器に盛り付け、仕上げにカレー粉を適量かけたら、あっという間に完成です!

最後に紹介したのは、やみつき間違いなしの『中華風えのき肉味噌』。

馬場さんが「めっちゃ中華風!」と絶賛したレシピは、ぜひ動画を見て確認してみてくださいね。

【ネットの声】

・簡単なのにおいしそう!今度、作ってみます。

・どれもご飯に合いそうですね。エノキが大好きだから嬉しいです。

・この動画に出会えてよかった。献立の参考にしますね!

すべてエノキを使っていますが、どれも味付けが異なるため、飽きないといいます。

短い時間で簡単に作れるだけでなく、火を使わないので、洗い物が少ないのも嬉しいポイント。

エノキが家に余っている人や、献立のレパートリーを増やしたい人は、参考にしてみてはいかがでしょうか!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

馬場ごはん〈ロバート〉Baba's Kitchen

馬場ごはん〈ロバート〉Baba's Kitchen

  • チャンネル登録者数:123万人
  • 再生回数: 1億752万3108回
関連ワード
ロバート馬場裕之

この記事をシェアする