焼いたなめこがウマい! ロバート馬場が教える、絶品和風ペペロンチーノのレシピ

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

なめこの写真
※写真はイメージ

さまざまなレシピをYouTubeで紹介している、お笑いトリオ『ロバート』の馬場裕之さん。

本記事で紹介する動画では、キノコを使ったレシピを披露しました。

使うキノコは、なめこです。通年安定した価格で販売されていることもあり、手に入れやすいのではないでしょうか。

なめこを使って作るパスタとは、いったいどんな料理なのか、早速見てみましょう!

なめこを焼く!?ロバート馬場のキノコパスタ

みなさんは、なめこを洗ってから使っていますか。

なめこは、使う前に一度流水で洗ってから使ったほうがいいそうです。馬場さんは「洗っても、ぬめりはなくならない」と話していました。

フライパンに油をひかないまま、洗ったなめこを入れて火にかけます。そのまま、しばらく放置しておきましょう。

ニンニクを切る時は、手を濡らしたり、油を付けたりして切ると匂いが付きにくいのだとか。

ニンニクの芽があれば取り除いて、みじん切りにしてください。スライスでもいいそうで、お好みの切り方をしてくださいね。

馬場さんは「鷹の爪は、種が辛いから種は捨てる」といい、種だけ除去。

湯に塩を加えたら、パッケージの表記より1分少なくパスタをゆでます。

放っておいた、なめこに、泡が出てきても大丈夫です。

馬場さんは、「なめこのことは、ほっといてあげてください」といいます。

なぜなら、今回のレシピは、なめこを焼きつけて水分を飛ばし、香ばしさを出すのがポイント。なめこの焼き加減が重要だそうです。

ほどよく焼けたら、オリーブオイル、ニンニク、鷹の爪を加えましょう。

鷹の爪は、時間が経てばたつほど辛みが出てくるといいます。好みの辛さに合わせて入れるタイミングを調整してください。

ゆで汁を、大さじ2ほど加え、なめこの焦げた部分を溶かしていきます。

パスタに、なめこのエキスを吸わせたら、火を止めて溶き卵を投入。ここに溶き卵を加えることで、辛みをマイルドにすることができるそうです。

火を通しすぎると卵が、ぱさぱさになるので要注意。小ねぎを散らしたら完成です!

白だしがない時は、めんつゆで代用してもいいとのこと。また、アンチョビを変えるとイタリアンっぽくなるといいます。

【ネットの声】

・材料は少ないし、簡単にできそうだし、作ってみたい!

・なめこを焼くという発想はありませんでした。勉強になる。

・絶対においしいと思う!明日作ってみる。

詳しい手順や、分量などは動画でチェックしてみてくださいね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

馬場ごはん〈ロバート〉Baba's Kitchen

馬場ごはん〈ロバート〉Baba's Kitchen

  • チャンネル登録者数:122万人
  • 再生回数: 1億466万8798回
関連ワード
馬場裕之

この記事をシェアする