ゴボウのささがきが面倒! そんな時は、ロバート馬場が教える裏技を試してみて

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

豚汁の写真

たくさんの具材が入っていて、旨味が溶け込んだ味噌のスープがおいしい豚汁。好きな人は多いのではないでしょうか。

豚汁のルーツは諸説あるので、もしかしたら、各地域の味があるかもしれませんね。

お笑いトリオ『ロバート』の馬場裕之さんは、自身のYouTubeチャンネル『馬場ごはん〈ロバート〉Baba’s Kitchen』で豚汁のレシピを紹介。

いつもの撮影場所とは違う、愛媛県松山市にある馬場さんの友人の店を借りて、撮影をしていました。

店の厨房を借りて作るのは、豚汁。馬場さんは、隠し味にある調味料を入れるといいます。

こだわりを感じられつつも、手軽に作れるレシピは必見ですよ!

ロバート馬場、隠し味が効く豚汁レシピ

まずは、豚肩ロースの切れ端肉を1㎝角にカットします。

馬場さんの友人の店が、とんかつ店ということもあり、豚肩ロースを使っていましたが、こま切れ肉、薄切り肉、しゃしゃぶ用の肉でもOKだそうです。

切った肉には、塩麹を揉み込みます。こうすることで、肉が柔らかくなって豚汁全体にコクが出るのだとか。

こんにゃくは、手やスプーンでちぎりましょう。断面が広くなると味が染み込みやすいそうですよ。

下ゆでをしてもいいですが、面倒な人は砂糖を入れて揉む方法をおすすめしていました。砂糖と一緒に揉むと、水分が出てきて臭みが取れるといいます。

さらに、味が染み込みやすくなるというダブルのメリットがあるのだとか。砂糖と揉みこんだ、こんにゃくは、ざっと水で洗っておいてください。

馬場さんが「常套手段です」と話す、この方法を試してみたいですね!

春キャベツは、手でちぎってひと口大にします。春キャベツの芯や、春ゴボウは叩いて細かくしていました。

これなら、面倒なゴボウのささがきもラクちん!馬場さんのレシピは、面倒な作業をラクに代用できる方法を得られるので、料理をするハードルが下がりそうです。

ネギのおすすめの切り方も紹介していますよ。

具材が用意できたら、いよいよ火を通していきましょう。

出汁を取る時は、フタをしないのがおすすめだといいます。食材を切ったら、あとは出汁の中に入れるだけです!

隠し味にケチャップを入れるのが、馬場さん流。ケチャップを入れると、旨味成分がプラスされるそうですよ!

隠し味となる調味料の分量や、くわしい材料などは動画で確認してくださいね。

具材の旨味とコクを味わえる、ワンランク上の豚汁を作ってみませんか。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

馬場ごはん〈ロバート〉Baba's Kitchen

馬場ごはん〈ロバート〉Baba's Kitchen

  • チャンネル登録者数:122万人
  • 再生回数: 1億466万8798回
関連ワード
ロバート馬場裕之

この記事をシェアする