やる気3%でもできる! ミカンを使った馬場家の特製浅漬けレシピ

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『馬場ごはん〈ロバート〉Baba's Kitchen』の写真

あると嬉しい常備菜。献立を考える時に便利ですよね。

週末に作って日持ちすれば、なお嬉しいのではないでしょうか。

お笑いトリオ『ロバート』の馬場裕之さんが紹介した常備菜は、冷蔵庫で5日持つ上に、簡単にできますよ!

「やる気3%でできる」という、馬場家の常備菜の作り方を見てみませんか。

馬場裕之流の特製浅漬けレシピ

動画では、『みかんカブラ』と『キャベツ漬け』の2品を作っています。

まずは、カブの浅漬けのレシピです。カブは、茎の根元に砂が入っていることが多いので、切ってからよく洗いましょう。

カブは比較的安価で辛みがないので浅漬けにぴったりなのだとか。

皮ごと、チョークほどの大きさのスティック状にカットします。辛いのが苦手な人は、皮を剥いてもいいそうですよ。

茎もカットして、ポリ袋に入れたら、砂糖を加えて1分ほど揉んでしんなりさせます。

砂糖を入れると食材の水分が早く抜けて、味が浸かりやすくなるそうです。

このレシピでは、ミカンの皮を使うので、しっかりと洗ってくださいね。

ミカンの皮の水気を取ったら半分に分けて、皮を剥きます。皮だけを千切りにしたら、さらに細かくカット。

カブを入れていたポリ袋にミカンの皮を入れ、塩、酢を入れて混ぜ合わせましょう。

袋の空気を抜いて味をしみこみやすくしたら、このままでもOKですが、冷蔵庫で30分ほど寝かせて完成です!

馬場裕之おすすめの春キャベツとミカンの浅漬けレシピ

もう1品は、春キャベツとミカン果汁を使った浅漬け。

春キャベツをざく切りにして、ポリ袋の中に入れます。

こちらも、砂糖を入れて混ぜておきましょう。甘いのが苦手な人は砂糖を使わなくてもいいそうです。

馬場さんは

「キャベツを押さえつけながら揉むことで、味が馴染みやすくなる」

と話していました。

ミカンの果肉を袋の中でつぶして、塩、黒こしょうを入れて馴染ませます。酢とオリーブオイルを入れて揉んだら、漬け込んででき上がり!

空気を抜いて漬け込むことで、保存性も高くなるのだとか。

動画を見た人たちからは、このような声が寄せられています。

・なるほど…ミカンを使うのか!『爆食い』決定の漬物になりそう。

・ミカンの皮でさわやかですね。塩分を気にしないで食べられそうです。

・とてもおいしそう!お新香のレパートリーが増えた。

この時期だからこそ味わえる、おいしい浅漬けをあなたも作ってみませんか。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

馬場ごはん〈ロバート〉Baba's Kitchen

馬場ごはん〈ロバート〉Baba's Kitchen

  • チャンネル登録者数:123万人
  • 再生回数: 1億771万968回
関連ワード
キャベツロバート馬場裕之

この記事をシェアする