7分で作れる揚げ物! ロバート馬場が教える、秒でなくなる『カリカリなす』が爆速激ウマすぎた

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

※写真はイメージ

家で揚げ物料理を作ると、コンロがべたべたに汚れたり、油ハネが怖かったり、面倒なことが多いもの。「自分ではあまり作らない」という人も多いかもしれません。

ところが、料理上手で知られる、お笑いトリオ『ロバート』の馬場裕之さんにかかれば、揚げ物だって誰でも簡単に爆速で作れてしまいますよ。

今回紹介しているのは、なすを使ったレシピ。馬場さんのレシピ史上もっとも簡単な揚げ物レシピだそうで、なんとたった7分で作れてしまうとか!

ロバート馬場が作る『カリカリなす』

用意する食材はなす2本と、少しの調味料だけ。味付けも醤油のみ、というシンプルさに驚きです!

まず、洗ったなすにフォークで穴を開け、味を染み込みやすくします。あとはひと口大の大きさに乱切りにしていきましょう。小さめのほうがよりカリっと感が楽しめますよ。

片栗粉と下味を付けたなすの写真

ボウルになすを移し、醤油を入れて混ぜ合わせて味をなじませます。あとは片栗粉をまぶしてカリっとなるまで油で揚げればOKです。皮面から入れたほうがきれいに仕上がりますよ。

片栗粉でなすをコーティングすることで、なすが油を吸いすぎるのを防ぐ効果があるとか。

油の量はなすが半分浸かるくらい、油の温度は箸先を入れるとシュワシュワと泡が出る160~170℃程度がいいそうです。説明が分かりやすくて助かりますよね!

なすを油に入れたら、衣がはがれないように触りすぎないのもポイント。揚げ終わったら五徳付きのバットで油を切ると、カリっとした食感がキープできておすすめだそうです。

なすの粗熱が取れたら器に盛り、仕上げに青のり、黒コショウを振りかけたら完成!

外がカリっ中はとろとろのなすと、香ばしい醤油の香りがたまりません…!鼻を抜ける青のりと黒コショウの風味もいい仕事をしています。

五香粉、ガーリックパウダー、山椒、カレー粉など、お好みでアレンジしてもおいしく食べられそうです。

びっくりするほど簡単に作れるカリカリなす、もう一品欲しい時に作ってみてくださいね!詳しい作り方や分量は動画を参考にしてください。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

馬場ごはん〈ロバート〉Baba's Kitchen

馬場ごはん〈ロバート〉Baba's Kitchen

  • チャンネル登録者数:123万人
  • 再生回数: 1億625万9207回
関連ワード
ナス馬場裕之

この記事をシェアする