「ここの集積所、マジかよ…」 清掃員が嫌うゴミの出し方とは

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

※写真はイメージ

1日に何百か所と集積場を回り、ゴミを回収する清掃員。

いくつも回っていると、「ここの集積所、ゴミの出し方がいいな」と思うことがあるそうです。

一方で、「ここの集積所、マジかよ…」と絶句するような場所もあるのだとか。

そんな経験を踏まえて、『清掃員の好きなゴミの出し方』という動画をYouTubeに投稿したのは、11年間ゴミ清掃員を続けるお笑いコンビ『マシンガンズ』の滝沢秀一さん。

第3位から順に、嬉しいゴミの出し方を紹介しています。

自分のゴミの出し方や、住んでいる地域の集積所はどうか、振り返りながら動画をご覧ください!

「古紙を出す時に素材別にまとめてくれると嬉しい」という滝沢さん。

コニュニティがしっかりしているところは、段ボール、新聞、雑誌がそれぞれまとめて出されていることがあるといいます。

そのような場所では、回収の際にも楽になるのだとか。

また、ビン・カン・ペットボトルをコンテナで出すところは、「レジ袋をそのままにしないでほしい」とお願いしました。

自治体によってゴミの出し方が指定されているため一概にはいえませんが、レジ袋に入れたまま出された場合、1袋ずつ破いてゴミとして排出されるそうです。

軽いプラスチック資源ゴミは、風で飛ばされやすいため、網をかけておいてほしいといいます。

現役清掃員からのお願いに、このようなコメントが寄せられていました。

・清掃員さんが大変にならないようなゴミの出し方をしたいです。

・ゴミ収集側の知識を教えていただきありがとうございます。

・この動画に出会えてよかったです。とても勉強になりました。

・我が家が見本となるようなゴミの出し方ができるようにしたいと思いました。

ゴミを出す側の気持ちも汲み、「清掃員という立場の想いを知っていてくれると嬉しい」という滝沢さん。

清掃員たちのおかげで、毎日出るゴミが回収され、きれいに保たれています。

少しでも清掃員がいい気持ちになるような、ゴミの出し方ができるように心がけたいですね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

たきざわゴミ研究所

たきざわゴミ研究所

  • チャンネル登録者数:1万8300人
  • 再生回数: 167万7367回
関連ワード
ゴミ捨て

この記事をシェアする