「勉強になった」「雪道は怖い」 車の屋根に積もった雪を下ろさないと、怖いことに…

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

※写真はイメージ

雪の中の運転に、あなたは自信がありますか。

雪がよく降る地域の人なら、毎年のことで慣れているかもしれません。

しかし、慣れているからといって過信は厳禁。

慣れている人も、不安を感じる人も、改めて雪の中の運転で注意することを、ロードサービスなどを行う『JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)』のYouTube動画で確認してみましょう。

まずは、車に積もった雪を下ろしていきます。この時、誤って車を傷付けないように気を付けてくださいね。

ルーフに積もった雪を下ろさないと、ブレーキをかけた際に、雪が落ちてきて前が見えなくなってしまいます。

とても危険なので、必ずルーフの雪も下ろしてから発進させましょう。

また、夜の運転をする際は、ライトに雪が付着していると遠くまで光を照らすことができません。

発進する前に、ライトに付着した雪も除去し、遠くまで見渡せるようにしましょう。

【ネットの声】

・意外と勉強になったことが多かったです。

・本当に雪道は危険ですからね…。ブレーキが効かないのが怖い。

・ルーフから雪が落ちてきて立ち往生する車をよく見ます。

出発前は雪下ろしから始まるため、時間がかかります。

そのため、日常生活だけでなく、観光で雪の降る地域を訪れる人も、時間に余裕を持った行動を心がけましょう。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

JAF Channel

JAF Channel

  • チャンネル登録者数:11万6000人
  • 再生回数: 6241万9057回

この記事をシェアする