片手12時ハンドル運転は絶対止めよう! 正しいハンドル操作の比較がこちら

自動車 By - GLUGLU編集部 更新:

※写真はイメージ

行楽シーズンは、車での旅行を考えている人も多いでしょう。

車での移動は自分たちのタイミングで動きやすく、車内での会話も楽しむことができて、テンションが上がりますよね。

一方で、怖いのが自動車事故。車で旅行する前に、今一度、安全運転について考えてみてはいかがでしょうか。

片手12時ハンドル運転をしてしまう原因は?

YouTubeチャンネル『JAF Channel』では、講師の菰田潔(こもだ・きよし)さんによる『ドライバーの直面する悩みを解決する運転レッスン』が、定期配信されています。

以下は「ハンドルの、12時の位置の部分を片手で操作する友人の運転が怖い」というお悩みをもとに、正しいハンドル操作についての解説動画です。

動画はこちら

片手で12時の位置の部分を操作するハンドル運転には、さまざまなデメリットがあります。

まず、ハンドルに力がきちんと伝わらず、ハンドル操作が安定しません。さらに小刻みなハンドル操作もできないため、車が揺れやすくなります。

そのほか、エアバッグが出た際には腕が飛ばされる危険性も。片手で12時の位置の部分を操作するハンドル運転は、避けなければなりません。

そもそも、なぜそういった運転をしてしまうのでしょうか。講師の菰田さんによると、原因はシートポジションが遠いことにあるといいます。

シートポジションが遠いと、ハンドルを握るのではなく、ハンドルにつかまったり、ぶら下がったりするような姿勢になりやすいそうです。

そのほか、動画では、正しいドライビングポジションの合わせ方や、正しいハンドル操作の運転比較もしています。

安全運転のため、ぜひチェックしてくださいね。特に運転の様子を比較するパートは、正確性が違うことが明らかに分かって、驚きますよ!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

JAF Channel

JAF Channel

  • チャンネル登録者数:11万7000人
  • 再生回数: 6061万1845回
関連ワード
JAF

この記事をシェアする