松岡茉優に「なんでこんなに泣けるんだ」といわしめた、人生を変えた本とは?

本・書評 By - GLUGLU編集部 更新:

つい、書店に足を運びたくなる。

そんなYouTubeチャンネルが『東京の本屋さん ~街に本屋があるということ~』です。

同チャンネルでは、本と書店の魅力をさまざまなコンテンツで発信。

中でも、著名人が『人生を変えた本』を紹介する動画シリーズは、ネットで「もっとみんなに知って欲しい企画」という声が上がるほど、楽しみにしているファンが多い企画です。

以下は、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』で注目を集めた、俳優の松岡茉優さんが登場し、『人生を変えた本』を3冊紹介しています。

松岡さんが選んだうちの1冊が、森の中を行き交う人たちの間に優しさがじわじわと広がる、益田ミリさんの名作漫画『きみの隣りで』。

「益田ミリさんの本が大好きで、全部持っている自信がある」という松岡さん。

同書は、シンプルな絵柄で文字数も少なく、さらに1つのお話は2~3ページほどであるにも関わらず「なんでこんなに泣けるんだ」と思うシーンが多いそうです。

また、松岡さんいわく「益田ミリさんの本は、日常で起きるささいな出来事で、傷付いた心を癒してくれる」といいます。

日常生活で、ふとしたことに違和感を抱き、疲れている人の心に刺さる本かもしれませんね。そのほかの2冊は、ぜひ動画で確認してください。

また、動画の後半で、松岡さんは東京都港区にある『山陽堂書店』に訪れ、おすすめの本を紹介します。

平和と戦争について考える絵本『へいわとせんそう』や、グルメ雑誌『dancyu』など、同書店に陳列している本の魅力をマシンガントークで話す姿からは、本当に本が好きなことが伝わってきますよ。

この動画を見て、読書熱が再熱した人は、書店に足を運んでみてはいかがでしょうか。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

東京の本屋さん ~街に本屋があるということ~

東京の本屋さん ~街に本屋があるということ~

  • チャンネル登録者数:8万2800人
  • 再生回数: 752万949回
関連ワード
東京の本屋さん

この記事をシェアする