「話が面白くて惹きこまれる」 本好き俳優の本仮屋ユイカが『人生を変えた3冊』を紹介

本・書評 By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『東京の本屋さん』の俳優の本仮屋ユイカさんの写真

多くの著名人の『人生を変えた本』を紹介してきたYouTubeチャンネル『東京の本屋さん ~街に本屋があるということ~』。

こちらの動画では、俳優の本仮屋ユイカさんが登場し、人生を変えた3冊について熱く語っています。

本仮屋ユイカが熱弁する本とは?

本仮屋さんが最初に選んだのは、小説家の吉本ばななさんのデビュー作であり、代表作でもある『キッチン』。

本仮屋さんが9歳の時に「俳優になるなら読書の習慣をつけたほうがいい」と、母親からすすめられた1冊です。

同年代の若い主人公の心情を丁寧に描く本書に感情移入した本仮屋さんは「繊細な心を言葉にしてもらい、救われた」と話します。

幼い頃から芸能界に入り、10代は思い悩むことが多かったという、本仮屋さん。吉本ばななさんの作品を、お守りのように読んでは、幾度となく助けられたそうです。

本仮屋さんの人生を変えた、残りの2作品については、動画で確認してみてください!

動画の後半では、本仮屋さんが過去に出会った新井見枝香さんという書店員との思い出を語っています。

新井さんは、自らが勤める書店で『新井賞』という独自のコーナーを設け、本を売り出していました。新井さんが手がけたポップを見て、本を購入する人も多かったといいます。

本仮屋さんは「本や書店の盛り上げ方がユニークで、遊び心があっていいな」と感じたそうです。

視聴者からは「本を大切にしていて素敵なお人柄。ぜひ『本仮屋賞』を作ってほしい!」「話が面白くて、どんどんと惹きこまれた」といった声が寄せられました。

この動画を機に、新しい本や入ったことのない書店に、足を踏み入れてみるのもいいかもしれません。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

東京の本屋さん ~街に本屋があるということ~

東京の本屋さん ~街に本屋があるということ~

  • チャンネル登録者数:8万2800人
  • 再生回数: 752万949回
関連ワード
東京の本屋さん

この記事をシェアする