勘違いする人続出! 『Next Thursday』っていつのこと? 「これこそ学校で教えるべき」の声

語学 By - GLUGLU編集部 更新:

ネイティブスピーカーのアーサーさんによる、実践的な英会話を学べるYouTubeチャンネル『アーサー (IU-Connect)』。

日本人が間違いがちな英単語の使い方や文法について、分かりやすく解説しています。

さて、こちらは『英語で「Next Thursday」がいつのことを指すか分かりますか?』と題した動画です。

「えっ、次の木曜日じゃないの?」と思った人もいるかもしれませんが、実際のところは…。

実は「Next Thursday」は、『一番近い木曜日の、次の木曜日』という意味で使われるそうです。

つまり『Next 〇曜日=二番目に近い〇曜日』ということですね。

例えば、2月5日の日曜日に「Next Thursday」といった場合には、2月9日の木曜日ではなく、2月16日の木曜日を指します。

ちょっとややこしいですよね。実はネイティブスピーカーでさえも間違えることがあるそうです。

なぜなら、英語においても、使い方が明確になっていないからだといいます。

では『一番近い木曜日』は、どう表現するのでしょうか。

また、日付の勘違いを防ぐためには、どのようなフレーズで相手に確認すればいいのでしょうか。

答えはそれぞれ動画で解説されているので、ぜひ確認してみてくださいね!

英語の教科書には載っていない、リアルなネイティブスピーカーの英会話を学びたい人は、ほかの動画でも勉強してみましょう。

アーサーさんの寸劇も含めて、楽しく学ぶことができますよ。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

アーサーの英会話

アーサーの英会話

  • チャンネル登録者数:34万7000人
  • 再生回数: 3130万7407回
関連ワード
アーサー英会話英語

この記事をシェアする