算数講師が解説!店内で食べると715円のケーキ テイクアウトだといくら?

学習 By - GLUGLU編集部 更新:

中学入試問題・算数の解説動画を配信している、YouTubeチャンネル『「さんよび」小学生のための受験算数予備校』。

解説してくれるのは、昼は中間一貫校で数学、夜は進学塾で受験向けの算数を教えている、さんよび先生です。

以下は、履正社中学校の2023年度入試問題で出題された、税率計算に関する問題の解説動画です。

小学生向けの動画のため、基本的な内容から解説しています。

今回、解説したのは、こちらの問題です。

【問題】
店内で食べると消費税10%かかって税込み715円のケーキは、持ち帰ると消費税8%なので税込み○円である。

軽減税率8%が適用される、テイクアウトの場合の税込み価格を求める問題ですね。

この問題では、まず『%』の意味を理解する必要があります。%とは『百分率』といい、割合の1つです。『割合』とは、何倍かを表す倍率のことです。

この「%=倍率」という概念を踏まえると、10%は0.1倍です。消費税10%とは商品価格に10%(0.1倍)の税金が上乗せされることを意味します。

例えば、200円の商品には200円×10%(0.1倍)=20円の消費税がかかるわけですね。

つまり、税込みの支払い金額は商品価格200円+消費税20円=220円になります。

税込みの支払い金額は、『税抜き価格×110%(1.1倍)』をすれば、一発で出すことができます。200円×1.1=220円という具合ですね。

さて、問題に戻りましょう。問題は「税込み715円の税抜き価格を求めてから、税抜き価格に消費税8%を掛けた金額」が答えになります。

まず税抜き価格ですが、税抜き価格の110%(1.1倍)が715円のため、『○×1.1=715円』で求めることができます。計算すると、税抜き価格は650円です。

650円(税抜き価格)の108%(1.08倍)が、問題の答えである消費税8%のケーキの価格です。計算式は『650円×1.08』であり、答えは702円になります。

いかがだったでしょうか。頭の体操になりますよね。

「ほかの問題も解いてみたい」という人は、図形の問題にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

「さんよび」小学生のための受験算数予備校

「さんよび」小学生のための受験算数予備校

  • チャンネル登録者数:2万3500人
  • 再生回数: 2085万4780回

この記事をシェアする