ペットボトルを凍らせて、除湿する! これって本当に効果あるの?

学習 By - GLUGLU編集部 更新:

サイエンスアーティストの市岡元気先生のYouTubeチャンネル『GENKI LABO』。

元気先生は、以前GLUGLUのインタビューに答えてくれた際、YouTubeを更新し続ける理由や、立ちはだかった困難などについても語ってくれました。

今回紹介する動画は、ムシムシした夏に役立つウワサを検証したもの。

毎年夏になると、ネット上で、『凍ったペットボトルを置いておくと、除湿できる』というウワサが注目されます。

しかし、このウワサは本当なのでしょうか…。

もし、このウワサが本当なら、エアコンを使わずに手軽に除湿ができて嬉しいですよね。元気先生は、早速実験をしてみます。

凍ったペットボトルで除湿はできるのか実験

凍らせたペットボトルで水蒸気を冷やすと、周りの水蒸気は水となり、ペットボトルに水滴として付きます。

「水蒸気が減るため、除湿できるのではないか」という考えでしょう。

元気先生は、凍らせたペットボトルよりさらに冷たいものとして、ー196℃の液体窒素を用意。

水槽のような小さな空間をそれぞれ、凍らせたペットボトル、液体窒素、何も入れない3つのエリアに分けて比較します。

すると液体窒素は、数値が測れなくなるほど、除湿効果を発揮!

凍らせたペットボトルでも、液体窒素には劣るものの、除湿効果は確認できました。

しかし、今回は小さなエリアで実験したため、人が暮らすような部屋となるとどうでしょうか…。巨大なペットボトルが必要になるかもしれませんね。

動画では、エアコンの仕組みも紹介されています。

元気先生が、電気代などを鑑みた上で除湿の効率がいいと思った方法は、どれだったのでしょうか。その答えは、動画で確認してくださいね!

『GENKI LABO』では、さまざまな面白い実験が投稿されています。科学が苦手な人でも興味を持てる内容なので、ほかの実験も覗いてみてくださいね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

GENKI LABO

GENKI LABO

  • チャンネル登録者数:102万人
  • 再生回数: 9億9420万9342回
関連ワード
市岡元気検証企画

この記事をシェアする