『土』と書いていた人、それ違います 『座』の正しい書き順分かる?

ビジネス By - GLUGLU編集部 更新:

小学生の頃、漢字の勉強をした時に書き順を一生懸命覚えませんでしたか。

しかし、大人になるといつしか自分なりの書き順が定着してしまい、知らず知らずのうちに間違っていたということもよくあるでしょう。

正しい書き順を覚えると、文字が書きやすかったり整ったりしやすいといわれています。

1958年に文部科学省が『筆順指導の手びき』を示してから、教育現場に浸透するまで、漢字の書き順の指導が時代とともに変わっている場合があります。

例えば、『上』という漢字も現代では縦棒から書きますが、学んだ時代によっては横棒から書くように習った人もいるかもしれません。

あくまで統一のために決められた書き順ですが、倣って書くときれいな漢字が書けるので知識として持っておくといいでしょう。

『葉』の漢字の書き順動画が170万回再生

YouTubeチャンネル『JCS美墨』に投稿された、『葉』の書き順を紹介した動画は、2023年7月現在なんと170万回以上の再生を記録!

多くの人が注目したのは、書き順はもちろん、投稿者さんの字のきれいさでした。

「見ていて気持ちがいい」「字にまったくブレがない」「美しすぎる」といった声が上がった動画をご覧ください。

1回目は字のきれいさを堪能し、2回目は書き順に注目して見てもいいでしょう。

あなたの書き順はあっていましたか。画数が多くなると、それだけ間違いやすくなっています。

投稿者さんのきれいな字とともに、学びなおしてみてはいかがですか。

『右』の漢字の書き順、どっちが先?

『右』と『左』では、書き順が違うということは分かっていても、縦の払いと横棒、どちらが先かは分からないという人もいますよね。

あなたはいつも、『右』という漢字はどこから書いていますか。正解はこちらです!

『右』の漢字の書き順は、縦の払いが先でした。

コメント欄を見ると「『左』は横棒から書くから『ひ(左)よこ(横)』で覚えた」「『右』は『ノ一口』で覚えてる」など、独自の覚え方をしている人もいたようです。

『座』の漢字の書き順に驚く人が続出!?

最後に紹介する間違いやすい漢字の書き順は『座』という漢字です。

8画目に驚く人が多くいた様子。一緒に書きながら確かめてみましょう。

『土』と同じように、横棒から書いていた人が多いのではないでしょうか。

正しくは縦棒が先。動画にも「土じゃないよ」というハッシュタグが付いていました。

これには「完全に間違った書き方だった」「土って書いてたわ」「まさかのそっちが先なの!?」などの声が上がっています。

みなさんの書き順はどうでしたか。

改めて大人になってから書き順を学びなおすと楽しいでしょう。ほかの動画も見て、小学生に戻った気分で漢字を楽しんでみてくださいね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

JCS美墨

JCS美墨

  • チャンネル登録者数:2万2800人
  • 再生回数: 1598万6369回

この記事をシェアする