ピーマンの種は捨てないで! 上手に育てれば、何年も栽培できて家計も助かります

園芸 By - GLUGLU編集部 更新:

ピーマンを使って料理をした際、種を捨てていませんか。

実はその種、植えると新しいピーマンが育ち、数年にわたって収穫できます!

ピーマンの種を植えたら…正しい育て方をレクチャー

家庭菜園にまつわる情報をメインに配信している、のりんごさんのYouTubeチャンネル『のりんご』。

種を植えるところから、収穫、ピーマンを使った絶品料理の作り方まで紹介しています。早速チェックしてみましょう!

のりんごさんが小さなプランターに種を植えたのが3月。その後、1週間ほどで発芽しました。

3か月経過し、大きくなったら庭へ移植します。そのまま育てると、夏には立派なピーマンができあがりました。

10月頃に、成長したピーマンを収穫。その後、のりんごさんは枝と根をカットし、プランターに移し替え、室内で越冬させます。

すると、冬にもかかわらず、葉っぱが開き花も咲き始めました。なっている小さなピーマンは、これ以上は大きくならないので、このタイミングで収穫します。

4月になり、暖かくなったので再び庭へ。支柱を立てて、枯芝を敷き、不織布で囲います。ここでうまく根付かせるのが難しいそうです。

5月になると、実がなり始めます。ここから2週間おきに追肥をすることで、夏にはおいしいピーマンをいくつも収穫できますよ。

ピーマンの種は捨てずに上手に育てれば、何年も自宅で栽培できて、家計も大助かりですね!

動画には「ピーマンが多年草だったなんて…知らなかった!」といった驚きの声や、のりんごさんの愛情がこもった丁寧な作業に「感動した」「大切に育てているのが伝わってくる」といったコメントも。

最後には、のりんごさん特製の『ピーマンの肉巻き』の料理レシピも見られるので、そちらも参考にしてみてくださいね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

のりんご

のりんご

  • チャンネル登録者数:57万4000人
  • 再生回数: 1億5734万3359回
関連ワード
家庭菜園

この記事をシェアする