ギャル曽根「骨まで食べられてカルシウムもたっぷり」 サバ缶が際立つ簡単レシピ3選

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

※写真はイメージ

骨までおいしく食べられるサバ。

缶詰になったサバ缶は、保存食となる上、食材が足りない時にも活躍してくれます。

「持ちもいいし、骨まで食べられてカルシウムもたっぷり」「子供たちも嫌がらずに魚を食べてくれる」と話すのは、タレントのギャル曽根さん。

サバ缶を使ったレシピを3品紹介しています。

サバ缶が際立つギャル曽根流レシピ

動画はこちら

まず作るのは、『サバ缶カレー』。

火が入りやすいように野菜を細かく小さく切ったらトマトのホール缶を入れ、トマトをつぶしながら煮詰めていきます。

ここに、肉の代わりとなるサバの味噌煮缶を投入。味噌煮のサバと、トマトの相性がいいそうです。

煮詰めたらカレールーを入れて完成です!ピリッとした辛さを追加したい人は、ここでカレー粉を入れるといいでしょう。

続いてギャル曽根さんが紹介したのは、『サバ缶ひつまぶし』。

火をつける前にフライパンに、サバの水煮缶を並べておきます。

2缶分並べたら、少しほぐして、清酒を大さじ2ほど入れて蒸し焼きにすると、臭みが取れるそうです。

サラダ油を追加して焼き目を付けたら、いったんお皿に上げておきましょう。

フライパンにサバがくっついてしまっているかもしれませんが、そのままサバの旨味を生かしてタレを作ります。

清酒、みりん、醤油、砂糖を入れて作ったタレに、お皿に上げていたサバを戻し入れて、絡めたら完成です!

詳しい調味料の分量は動画をチェックしてくださいね。

最後に作ったのは、『サバ缶そぼろ』です。手順は簡単、砂糖を大さじ4入れて水分を飛ばすだけ!

ギャル曽根さんは少し味見をして「絶対ご飯にあう」と自信満々な様子を見せていました。

気になったサバ缶レシピはあったでしょうか。

ギャル曽根さんが紹介したサバ缶レシピは、どれもご飯が進むこと間違いなしですね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

ギャル曽根公式チャンネル「ごはんは残さず食べましょう」

ギャル曽根公式チャンネル「ごはんは残さず食べましょう」

  • チャンネル登録者数:66万8000人
  • 再生回数: 1億3861万6298回
関連ワード
ギャル曽根

この記事をシェアする