飛行機の中では何してる? JALのパイロットが『1日のスケジュール』を大公開!

旅行・おでかけ By - GLUGLU編集部 更新:

※写真はイメージ

大手航空会社の日本航空(以下、JAL)が、普段は見せないような裏側やお役立ち情報を配信するYouTubeチャンネル『JAL、サブチャンネルはじめました。』。

今回は、パイロットの1日のスケジュールを公開!搭乗前や、飛行機の中では、どのような動きをしているのでしょうか。

パイロットの窪田さんが、羽田からニューヨーク間の国際線に搭乗するスケジュールを紹介します。

パイロットの1日って?スケジュールを公開

動画はこちら

朝は6時30分に起床し、会社には8時頃到着。着替えやその日のデータなど、準備を整えます。

9時15分頃にはパイロットが集まって、1日の運行情報を確認するブリーフィングを開始。

9時50分に飛行機へ向かい、10時には整備士、客室乗務員も加えたブリーフィングを行うそうです。

30分ほど情報共有をした後、乗客をお迎えし、出発準備ができたら、管制の指示に従っていよいよ離陸します。

ニューヨークへ向かう場合は、ほとんど午前中の離陸のため、飛び立った後、落ち着いたタイミングで昼食をとるようです。

ただ、到着までは12時間かかるので、そのほかにも休憩時間が存在します。この間に仮眠をとったり本を読んだりして過ごすとのことです。

着陸の準備は約2時間前から開始し、15~20分前に到着のアナウンスを機内に流します。無事着陸したら、パイロットの仕事はいったん終了。降車の準備をしたら宿泊先に向かいます。

12時間のフライトという緊張感から解放された窪田さんは、最初に何をするのでしょう…。ぜひ動画で確認してみてください!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

JAL、サブチャンネルはじめました。

JAL、サブチャンネルはじめました。

  • チャンネル登録者数:10万6000人
  • 再生回数: 1216万9734回
関連ワード
日本航空(JAL)飛行機

この記事をシェアする