余った餃子の皮とトースターでOK! 北斗晶の『おばけタコス』が超簡単でめちゃ可愛い

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

餃子の皮とチリパウダーの写真
※写真はイメージ

10月31日はハロウィン。仮装を考えたり、飾り付けをしたり、はりきっている人もいるでしょう。

一方で、お祭り気分を味わいたいけど、わざわざ準備するのは面倒という人も多いのではないでしょうか。

簡単料理が大得意なタレント・北斗晶さんは、おうちで手軽にハロウィン気分を味わえる時短レシピを紹介していますよ!

動画はこちら

北斗晶流、餃子の皮で『おばけタコス』!

メキシコでプロレス修行をしていた経験がある北斗さん。今でも時々、メキシコの名物料理・タコスを食べたくなることがあるそうです。

北斗さんは、家でも簡単にタコスの味を再現できるレシピを思い付いたとか。動画では、余っている餃子の皮を使って、タコスをハロウィン風にかわいくアレンジした『おばけタコス』の作り方を紹介していますよ。

まず、耐熱容器に合いびき肉と各調味料を入れてよく混ぜ、電子レンジで加熱します。

餃子の皮とチリパウダーの写真

この時に味の決め手となるのが、チリパウダー。赤唐辛子にパプリカ、にんにくなどを合わせたスパイスで、タコミートの味が一発で決まるとか!

肉にしっかり火が通ったら、熱いうちにピザ用チーズを加えて混ぜ合わせます。余熱でチーズが溶け、あとで全体がまとまりやすくなりますよ。

粗熱が取れたタコミートを均等に分けてお団子状に丸め、餃子の皮でおばけに見立てたヒダを作りながら、タコミートを包んでいきます。

天板にアルミホイルを敷き、多めのサラダ油を塗ったところに並べて形を整えたら、トースターで焼けばOK。

あとは、のりでおばけの顔を作り、刻んだレタスやミニトマトなどで飾り付けした皿に盛りつければ完成です!

餃子の皮のヒダがこんがり色付き、見た目はかわいく、パリッとした軽い食感もおいしいですよ。

手でパクパク食べられるので、おうちパーティーにもぴったり。子供や孫と一緒にワイワイ作っても楽しそうですね!お弁当にもおすすめです。

今年のハロウィンは、あなたも『おばけタコス』で手軽なおうちご飯を楽しんでみてはいかがでしょうか。詳しい分量や作り方は動画を参考にしてみてくださいね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

北斗晶のYouTube

北斗晶のYouTube

  • チャンネル登録者数:24万2000人
  • 再生回数: 4163万7090回
関連ワード
お弁当ハロウィン北斗晶時短

この記事をシェアする