「天才!」「絶対作る」 千切り不要!北斗晶『ピーマン丸ごとチンジャオロース』が最高すぎた

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

ティースプーンでくりぬいたピーマンの写真
※写真はイメージ

豚肉やピーマン、たけのこなど、シャキシャキとした食感がたまらない、チンジャオロース。中華料理の定番メニューですよね。

濃い目の味付けにご飯が止まらなくなるおかずですが、家で作るとピーマンの千切りが面倒ではないでしょうか。

タレントの北斗晶さんは、斬新すぎるチンジャオロースの作り方を公開。これなら絶対真似したくなるはずです!

動画はこちら

その手があったか!北斗晶のチンジャオロース

・この発想はなかった!さすがすぎる。絶対真似します!

・作りました!めちゃくちゃおいしかったですー。

・これならお弁当にも入れやすそう!

「チンジャオロースが一番の大好物」という北斗さん。レシピを見た人からは絶賛のコメントの嵐です。

今回のレシピは、ピーマンを千切りしないのがポイント!ピーマンを丸ごと使うというから驚きですよね。

まず、ピーマンはヘタと種、スジを取り除き、軽く水で洗います。ピーマンは大きめを選ぶのがおすすめです。

ティースプーンで種を取ったピーマンの写真

ピーマンのヘタの取り方はいろいろなアイディアがありますが、ティースプーンでヘタをぐるっと回して種を引っ張り出すと簡単に取れるそうですよ!

こういった北斗さんの時短アイディアも参考になりますよね。

次に、中に詰める具を作ります。フライパンにごま油を熱し、合いびき肉を炒めて軽く火が通ったら、もやし、細切りのたけのこの水煮を加えてしんなりするまで炒めましょう。

調味料で味付けをして、水溶き片栗粉でとろみを付けたらOK。ポロポロとしたひき肉がまとまり、中に詰めやすくなるといいます。

たけのこの水煮の代わりに、ビン詰めのメンマでも代用できるそうですよ!もやしは、かさましの効果があり、経済的なのも嬉しいですね。

ピーマンに具を詰める写真

具の粗熱が取れたらピーマンに詰め、ごま油を熱したフライパンで転がしながら表面を焼けば完成です。お好みで、からしを添えてください。

中の具は炒めてあるので、火の通りを気にしなくていいのも助かります!千切りの手間が省けるチンジャオロース、早速真似したくなったのではないでしょうか。

簡単でボリューミー、値段も安上がりなんて、食べ盛りの子供がいる家庭にはぴったりのレシピです。今晩のおかずに試してみてくださいね!

詳しい作り方や分量は、動画を参考にしてください。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

北斗晶のYouTube

北斗晶のYouTube

  • チャンネル登録者数:24万2000人
  • 再生回数: 4152万4896回
関連ワード
お弁当北斗晶時短

この記事をシェアする