入国審査の英語はこれでバッチリ! 今日から使える表現に「クオリティ高い」「教え方が優しい」

語学 By - GLUGLU編集部 更新:

海外旅行に行く時、ドキドキしてしまうことの1つが、入国審査。

日本から外国に到着した飛行機を降りて、空港内で行う手続きですが、入国審査官は日本語を話せないことがほとんどです。

何を話せばいいのか、どのような表現が適切なのか、困ってしまう人は多いでしょう。

そんな不安や悩みに、海外の文化や言語などについて扱うYouTubeチャンネル『Kevin’s English Room / 掛山ケビ志郎』が応えていますよ。

入国審査はこれで攻略! 例文や発音なども詳しく解説

今回はアメリカの入国審査を再現し、英語でどのように答えればいいかを、ケビンさんがレクチャーします。

観光客役を務める、かけさんの目標はスムースにやり取りしつつ、かっこよく通過すること

まずは、入国審査でどのようなことを聞かれるのかを、一つひとつ解説していきます。

ケビンさんによれば、入国審査で聞かれることは、概ね次の4点。

・入国の目的

・滞在期間

・宿泊する場所

・職業

これらの質問に対し、ケビンさんは細かいニュアンスも含め、会話のようなやり取りを進めるためのコツも伝授。

また、入国審査官には笑顔でパスポートを渡すことも重要なのだそう。マナーを守ることで、審査官の信頼を得やすくなるからだといいます。

入国審査に使える表現を練習した後は、やまさんが入国審査官役となり、実践演習へ。

果たして、かけさんは入国審査をスマートに通過できるのでしょうか…。詳しくは、動画をご覧ください!

【ネットの声】

・入国審査についての動画で、指紋をとられたり、写真を撮られたりすることを伝えてくれるのが、ありがたい!

・「大丈夫だよ」っていうケビンの教え方が優しくて、癒される。

・やまちゃんの演技が『入国審査官あるある』すぎるし、クオリティが高い!

・抜き打ちの質問には頑張って答えていたのに、「Please subscribe(チャンネル登録してください)」は習わなくても流ちょうで笑った!

外国に行く人は、この動画が参考になりそうですね!

少しこなれた英語を身につけたい人は、練習してみてはいかがでしょうか。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

Kevin's English Room / 掛山ケビ志郎

Kevin's English Room / 掛山ケビ志郎

  • チャンネル登録者数:232万人
  • 再生回数: 17億1403万7291回
関連ワード
Kevin's English Room飛行機

この記事をシェアする