喫茶店のナポリタン、完全再現! もっちり食感のカギになるのは…?

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『ホルモンしま田』の動画サムネイル

みなさんは食事をする時、どのようにメニューを選んでいますか。

その日の気候や空腹の度合いなど、人によって基準はさまざま。特に理由もなく、なんとなく食べたくなるものもあるでしょう。

ホルモン焼き店『ホルモンしま田』のブッチャーしまださんは、「無性に食べたくなった」というナポリタンを紹介しています。

喫茶店の味を再現! 絶品ナポリタンを紹介

ナポリタンといえば、ゆでたパスタを、タマネギ、ピーマン、ウインナーなどと一緒に炒め、ケチャップで味付けする料理。

イタリアの都市・ナポリを思わせる名前ですが、一説によると、神奈川県横浜市にあるホテル『ホテルニューグランド』で発祥したといわれています。

喫茶店のメニューや弁当のおかずなど、日本人の暮らしに馴染んでいるナポリタン。ケチャップを使用するため、トマトソースから作ることが多いイタリアでは邪道扱いされているのだとか。

もっちり太麺を使った簡単レシピに「今度作ってみよう」

ブッチャーしまださんが作るのは、1.8mmのもっちりとした太麺を使った、昔ながらの喫茶店にあるナポリタンです。

麺のゆで時間は、パッケージに書かれているものよりも1分ほど追加しましょう。

ゆで終わったら水で洗い、ボウルに移して少量の油を混ぜたら、冷蔵庫で3~4時間ほど冷やします。

具材となるピーマン、タマネギ、ウインナーをそれぞれカットし、フライパンで炒め合わせたら、ケチャップとバターを加え、続いて麺を入れましょう。

塩・コショウで味をととのえ、お皿に盛りつけたら完成!好みに合わせて、粉チーズやタバスコなどをかけて食べてもOKです。

【ネットの声】

・ナポリタンは、たまに食べるとホッとするイメージがある。

・パスタというよりは『ケチャップ味の焼きそば』だよね。でもおいしいのが、ナポリタンの魅力。

・ゆでおきするとは知らなかった。今度やってみよう。

・ちょっと焦げるくらいまで加熱すると、ケチャップの酸味が和らいでおいしいですよ!

喫茶店風ナポリタンの味について「会って遊べばいつでも当時に戻れる、昔からの友達のようなパスタ」と評する、ブッチャーしまださん。

料理の解説も聞ける動画を参考に、懐かしの味が恋しくなったら、みなさんも作ってみてはいかがでしょうか。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

ホルモンしま田

ホルモンしま田

  • チャンネル登録者数:52万9000人
  • 再生回数: 4億2688万2907回
関連ワード
ホルモンしま田

この記事をシェアする