「すごく食べたくなりました!」 肉のプロ直伝の『牛すじの煮込み』が評判に

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『ホルモンしま田』の、牛すじの画像

寒い季節になると、身体が温まる料理が食べたくなりますよね。

そんな時は、『牛すじの煮込み』を作ってみるのはいかがでしょうか!

食卓を彩るおかずや、お酒を飲む時のおつまみにもなる一品は、圧力鍋を使うと簡単に作ることができますよ。

YouTubeチャンネル『ホルモンしま田』では、群馬県などで同名の焼肉店を営む、ブッチャーしまださんが、噛むのに力がいらないほどトロットロな『牛すじの煮込み』の作り方を紹介しています。

超トロトロ! 赤身筋を使った『牛すじの煮込み』がうまい

動画で紹介されているのは、寒い時期にピッタリな『牛すじの煮込み』の作り方。

牛肉を処理する際に出る、赤身筋(あかみすじ)という部位を使って作ります。それでは早速見ていきましょう!

準備として、牛すじを鍋に入れて、アクを取りながら15分ほど下ゆでしましょう。

一度鍋から取り出してよく洗い、水切りをしたら、食べやすい大きさにカットします。なお、煮込むと形が崩れて小さくなるので、少し大きめに切っておくといいのだとか。

続いて、圧力鍋に牛すじ、水、ネギ、ショウガ、ニンニクを加え、30分加圧します。圧力鍋を使うのは、牛すじを短い時間で柔らかくすることができるからだといいます。

加圧が終わったら、ネギ、ショウガ、ニンニクを取り出して、煮汁と肉を分けます。そして、牛すじと煮汁を再び鍋に入れ、こんにゃく、だしの素、砂糖、酒、みりん、味噌、醤油を加えて煮込みましょう。

よく煮たら器に盛り付け、ネギをのせたら完成です!圧力鍋で煮込むことで、アゴの力がいらないほど、トロッと柔らかい仕上がりになるそうですよ。

【ネットの声】

・牛すじが大好きなので、すごく食べたくなりました!長時間煮込んでトロトロになった牛すじ、おいしいですよね。

・ひたすら水でゆでて、刻みネギ、おろしショウガ、ポン酢をかけるのも、おいしいです。

・牛すじは、少しリッチな料理にしたい時などに、ちょっと入れるだけでおいしくなりますね。

動画では『牛すじの煮込み』を作りましたが、冷凍保存しておいて、カレーやビーフシチューなどに使ったり、ご飯にそのままのせて食べたりするのもOK。

ジューシーな牛すじが食べたい!という人は、ブッチャーしまださんのレシピで作ってみてくださいね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

ホルモンしま田

ホルモンしま田

  • チャンネル登録者数:52万7000人
  • 再生回数: 4億2320万2736回
関連ワード
ホルモンしま田

この記事をシェアする