上沼恵美子流ポテトサラダが、毎日飽きずに食べられる理由は… 隠し調味料に驚き!

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

ポテトサラダの写真

老若男女問わず人気なメニュー、ポテトサラダ。

タレントの上沼恵美子さんは、飛び上がるほどおいしいわけではないものの、毎日食べたくなる飽きない普通のポテトサラダの作り方を自身のYouTubeチャンネルで紹介しました。

ポテトサラダ全体の味が整う、隠し調味料を明かしています。少し豪快な手さばきにも注目です!

上沼恵美子流ポテトサラダの作り方

動画はこちら

ジャガイモは、皮が剥きやすいという理由から『メークイン』を使用。

上沼さんは「プロは『男爵いも』がいいっていうけど、『男爵いも』も『メークイン』も味は一緒でした」と話し、普段から『メークイン』を使っているといいます。

「そのまま湯がくと、時間がかかるやん」と早く火が通るように、水にさらしたジャガイモを小さめにカット。

鍋に入れたら、ジャガイモが浸かるぐらい水を追加し、湯がいておきます。

「すごいのは入れない」という上沼さん。その理由を、「豪華なものを入れたら毎日食べるお母ちゃんのポテトサラダではない」と明言します。

また、キュウリが好きな上沼さんは「キュウリを3本入れたことがあるの、でもあかん。やっぱり適量ってある」と、キュウリを入れすぎた経験を明かしました。

現在は、メークイン3本とキュウリ1本が上沼さん流ポテトサラダの適量のようです。

キュウリとタマネギを、塩水の上でスライスしたら、そのまま浸けておきましょう。

ジャガイモが柔らかくなったらお湯を切り、再び鍋に戻して火にかけながら水分を飛ばします。

ジャガイモをつぶした後、マヨネーズを入れて混ぜると失敗する原因になるのだとか。そのため、上沼さんは、酢を入れて味を整えていました。

鍋からボウルに移し、塩水に浸けておいたタマネギとキュウリを絞ってから入れ、マヨネーズを大さじ2杯半ほど入れます。

刻んだハムとゆで卵の白身を入れ、黄身は手でつぶしながら加えましょう。よく混ぜて、黒こしょうを振りかけたら完成です!

上沼さんは、自身が作るポテトサラダを「とても平凡なポテトサラダ」といいます。だからこそ、毎日飽きずに食べることができるのでしょう。

ポテトサラダを作る時は、上沼さんのレシピを参考にしてみてくださいね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

上沼恵美子ちゃんねる

上沼恵美子ちゃんねる

  • チャンネル登録者数:48万6000人
  • 再生回数: 5837万8043回
関連ワード
上沼恵美子

この記事をシェアする