『ぬい活』したいけど、どこから始める? ぬいぐるみをかわいく作るコツとは

クラフト・アート By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『オタメイド』の写真

近年、人気が高まっている『ぬい活』という言葉をご存知ですか。

自作したぬいぐるみと一緒に写真を撮ったり、持ち歩いたりして楽しむことを指します。

応援している『推し』をモチーフに、ぬいぐるみを作る『推しぬいぐるみ』は、アイドルやアニメ、漫画ファンの中で、じわじわと注目を集めているのです。

手芸店によっては、裁縫が苦手な人でも作れるように、ぬいぐるみのボディと、ワッペンになっている顔のパーツが販売されている場合もあります。

一方で、イチから手作りしたい人向けに、ぬいぐるみ用の布も販売されており、自分に合った作り方で楽しめるでしょう。

YouTubeチャンネル『オタメイド』では、ぬいぐるみ作りの情報を中心に、『推し活』を充実するハンドメイド情報を発信。

同チャンネルの中から、ぬいぐるみ作りに使える3つの動画を紹介します。

ぬいぐるみの型紙、どうやってきれいに写す?

型紙を布に写したい時、どのようにすればいいのでしょうか。

裁縫初心者や、家庭科の授業以来、久しぶりに針と糸を使うという人は、まずはこちらの動画から見るといいですよ!

不器用な人であればあるほど、細いチャコペンシルがおすすめだといいます。

転写シートなどを用意する必要はなく、型紙、布、チャコペンシルがあればOK。

型紙を切ったら、まず角の部分から写して固定させましょう。対対角線上の角も写してマスキングテープで固定し、型紙を押さえながら布に写していくだけです。

合印を付けたらマスキングテープごと外します。

合印は縫い合わせる時にズレないようにする目印となるので、書き写しておくと便利ですよ。

型紙をでき上がり線に合わせて切ったら、布の上に置いて、先ほどと同じように角から書いてマスキングテープで固定させましょう。

小さなパーツは上からセロハンテープで貼り、型紙に合わせて布を切るといいそうです。

邪道でも初心者にはおすすめ!ぬいぐるみ作りの首つけのコツ

自分でイチから作る人は、まずボディから準備が必要です。

顔と身体ができたら、くっつける作業に取り掛かりますが、失敗しやすい工程なので要注意。

投稿者のショコハジロさんは、失敗しにくい首の付け方を紹介しています。

首を付ける時は、長めの針、まち針、ピンセット、糸切りバサミ、糸を用意しましょう。

ぬいぐるみは、いっぱい綿を詰めた状態にしておきます。糸は2本取りで行ってください。

針は、顔の中心からおろした位置に刺し、身体側も中心に刺します。

最初は仮止めなので、刺す場所は、理想の付け根の位置よりも内側に刺すといいそうです。大体の理想の位置に顔と身体を合体できたら、まち針で仮固定。

1周目は『コの字とじ』でしつけ縫いをします。1周目が終わった時点では、まだ首はぐらぐらの状態です。

2周目は、1周目に通っていない場所を意識しながら、同じく『コの字とじ』でしつけ縫いをします。

首が安定したため、ショコハジロさんは3周目から本格的に首を固定していきました。まだ安定しない人は、何周でもしていいそうです。

理想の首つけ位置を『コの字とじ』で、1~2㎜間隔にしながら身体と顔側に針を刺していきましょう。

玉止めはピンセットで首の縫い目の中に入れます。最後に、顔をもんでバランスを整えればOK。

ぬいぐるみの髪を作る方法

ぬいぐるみのボディができたら、次は髪の毛を作ってみましょう。

髪型は『推し』を表現するのに大事なポイントとなります。

髪を袋縫いすると、ぷっくりとした仕上がりになります。型紙を用意したら、耳の上を印を付けましょう。

作るのが難しくなってしまうため、できるだけシンプルなデザインがいいそうです。

前髪のデザインを描いたら、ぬいしろをとります。この時、ダーツには被らないように注意しましょう。

縫ったら、つっぱらないように不要な部分を切り落としたり、切り込みを入れて処理。

細かいところはピンセットを使って裏返します。

組み立てる時は、ほかの髪の毛パーツを縫いこんでしまわないように気を付けてくださいね。

チャンネル情報

オタメイド

オタメイド

  • チャンネル登録者数:1万2400人
  • 再生回数: 82万5795回
関連ワード
ハンドメイド

この記事をシェアする