余ったレジンの使い道は? そのまま取っておきたい時の方法も紹介

クラフト・アート By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『まーうえのレジン工房』の写真

UVライトに当てると固まるUVレジン液(以下、レジン)。100円ショップなどでも販売されており、ハンドメイドに欠かせない素材の1つです。

レジンに色を混ぜれば、好みの色を作ることができるので、アクセサリー作りなどに最適でしょう。

しかし、量が多すぎたり、中断したりする場合は、どのようにしたらいいのでしょうか。

解決方法がこちらの動画で紹介されていますよ!

動画では、少量で使い切りたい場合、ほかのものに活用したい場合、そのまま保存したい場合に分けて紹介しています。

少量だけ残っている時は、『モールド』と呼ばれる型を用意し、今後何かを作った時に使えるようなパーツを作ってしまいましょう。

多くのレジンが余っている時は、特殊な形を作る時の練習にぴったり。この機会に、今まで難しくて挑戦できなかった形を作ってみませんか。

中断したり、後で作りたかったりする場合は、アルミホイルに包んだ引き出しに容器ごと保存していました。

紫外線に当たると固まってしまうため、できるだけ光があたらないようにし、レジンの臭いが漏れ出ないように密閉をしましょう。

使い終わったレジンの容器は、水で洗ってもきれいになりません…。ティッシュペーパーで余分なレジンを拭き取った後、レジンクリーナーで拭き取ることをおすすめしていました。

詳しい方法は、動画をチェックしてくださいね!

YouTubeチャンネル『まーうえのレジン工房』では、レジンで作れるオリジナルアクセサリーのレシピなども公開中です。

レジンに興味のある人は、チャンネルを覗いてみてはいかがでしょうか。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

まーうえのレジン工房 - maaue resin -

まーうえのレジン工房 - maaue resin -

  • チャンネル登録者数:16万8000人
  • 再生回数: 1420万5016回
関連ワード
DIYまーうえのレジン工房ハンドメイド

この記事をシェアする