手を汚さずタラコの皮を剥くには? 方法に「こんな方法が!」「超便利」

ライフハック By - COLLY 更新:

料理の下ごしらえの最中に手が汚れてしまうと、その度に洗ったり拭いたりして手間がかかります。中でも厄介なのが、タラコの皮を剥がす作業です。中身を取り出す際、必ずといっていいほど手に卵が付いてしまいます。

そのほか油揚げやカニカマを使う時も、「手や調理道具が油で汚れる」「うまくほぐれない」など扱いに困ることがあるでしょう。

朝日放送テレビが運営するOnnela(OnnelaTV)のYouTubeチャンネルでは、手を汚さずにタラコの皮を剥がす裏技に加え、汚れ物を出さずに油揚げを切る方法、簡単にカニカマをほぐす方法を紹介しています。

包丁の代わりにラップを使おう

一般的なのは、タラコの身に包丁を入れてスプーンで中身をそぎ取る方法です。このやり方ではタラコが一度では取れず、作業中に手がベタベタに。しかしラップを使えばその悩みもスッキリ解決します。

タラコが包めそうな大きさに切ったラップをまな板の上に広げましょう。

ラップの中央あたりにタラコを置き、ラップを上から被せてクルクルと巻きます。

巻き終わったら左右どちらかの端をキッチンばさみで切り落とし、反対側の端はラップを折りたたんでください。

ラップを押しながらすべて絞り出せば、皮剥きは完了です。

この方法なら包丁やまな板を使わずに済み、洗いものが出ません。小袋の調味料を出すような感覚でできるので、子供でもお手伝いしやすいでしょう。

油揚げは袋の上から包丁でカットしよう

まな板の上で油揚げを切ると、まな板や包丁が油で汚れてしまい、ほかの食材を切る前に洗わなければいけません。

そこでおすすめなのが、油揚げを袋の上から切る方法です。包丁の背を使って、袋の上から使うぶんだけ切りましょう。

カニカマはコロコロ転がす

普段の料理からお弁当まで使い勝手のよいカニカマは、「ほぐすのが少し面倒」と感じる人も多いはず。

カニカマをほぐす時は、個装フィルムが付いた状態のまま押さえつけるようにコロコロ転がしましょう。

ある程度転がしてからフィルムを剥がすと、面白いくらい簡単にほぐせます。子供でも簡単にできるので、お手伝いしてもらってはいかがでしょうか。

OnnelaのYouTubeチャンネルでは、暮らしに役立つさまざまなライフハックをチェックできます。気になる人は、ぜひほかの動画もご覧ください。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

Onnela [オンネラ]

Onnela [オンネラ]

  • チャンネル登録者数:26万4000人
  • 再生回数: 1億16万4784回
関連ワード
Onnela

この記事をシェアする