インド刺繍リボンが主役! 使い道に迷ったら作りたいフラットポーチ

クラフト・アート By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『Flower Crow【フラワークロウ】〜双子ママのハンドメイド大好き♡〜』の写真

手芸店だけでなく、100円ショップでも販売されているインド刺繍リボン。

インド刺繍リボンは、インド女性の民族衣装『サリー』を装飾する伝統工芸品です。近年では、さまざまな美しいデザインが人気を集め、多くの人が手に取ってアレンジを楽しんでいます。

以前、GLUGLUではYouTubeチャンネル『Flower Crow【フラワークロウ】〜双子ママのハンドメイド大好き♡〜』から、インド刺繍リボンの魅力や使い方を紹介しました。

今回は、以前紹介しきれなかったインド刺繡リボンの使い道をお届けします。

インド刺繍リボンが主役のフラットポーチ

インド刺繡リボンを使って作ったのは、フラットポーチです。ティッシュや小物を入れておくのに便利な大きさですよ。

投稿者のLenaさんは「装飾としてリボンをそのまま使うのは、本来のリボンの用途かなと思う」と話します。

このフラットポーチは、インド刺繡リボンが主役となるので、形やデザインが気に入ったリボンを選んで作ってみてくださいね。

ポーチは、12㎝ファスナーを使い、15㎝×11㎝の布を2枚用意します。

今回は、インド刺繍リボンと一緒に、100円ショップ『セリア』で購入したサテンのプリーツリボンも使っていました。

まずは、タブを作ります。ポーチにタブがあると、カラビナなどを通す時に便利ですよ。

タブ用の布に接着芯を貼り、アイロンで折りたたんだら、端にミシンをかけておきましょう。

続いて、接着芯を貼った表地と、裏地に中心印を付けたら、表地にリボンを固定させていきます。フリルはリボンに1㎝ほど重なるように配置してください。

メインのリボンをセットしたら、リボンの端にステッチをかけて固定させます。

だんだんとポーチの表面ができてきましたね!中央印に合わせて、ファスナーを付けたら、裏地も縫いましょう。

反対側も同じように表地と裏地を付けます。タブを挟んで表地と表地、裏地と裏地を合わせて縫ってください。この時、フリルを一緒に縫ってしまわないように注意しましょう。

また、表にひっくり返す時のために裏地の一部は縫わずに開けておいてくださいね。

縫い終えたら角を4か所切ります。アイロンで縫い代を割って、縫わなかったところからひっくり返してください。

きれいなポーチになっていたでしょうか。アイロンをかけたら完成です!

タブにリングを通せば、バッグにかけることもできますよ。

インド刺繡リボンが目を引くフラットポーチを、ぜひ作ってみてくださいね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

Flower Crow【フラワークロウ】〜双子ママのハンドメイド大好き♡〜

Flower Crow【フラワークロウ】〜双子ママのハンドメイド大好き♡〜

  • チャンネル登録者数:5100人
  • 再生回数: 52万8159回
関連ワード
Flower Crow【フラワークロウ】ハンドメイド

この記事をシェアする