「捨てようと思ってた…」 白く固まったハチミツを元に戻す方法がこちら

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

ハチミツの写真
※写真はイメージ

久しぶりにハチミツを使おうと思ったら、白く濁って固まっていたということはありませんか。

「まだ使えるのだろうか…」と不安になったことのある人もいるかもしれません。

安心してください、ハチミツが白く濁って固まっている時は、結晶化が起きています。白くなっていても、まだ使うことができますよ。

日本生活協同組合のYouTubeチャンネル『Coopjapan[日本生協連]』では、結晶化したハチミツを戻す方法を紹介しています。

結晶化してしまったハチミツは、湯煎で戻せば使えるようになります。

約60℃のお湯を用意したら、その中にフタを取ったハチミツの容器ごと入れましょう。お湯の量は、ハチミツの量より少し下ぐらいがいいそうです。

ハチミツをかき混ぜながら結晶を溶かしていきます。加熱しすぎると成分が変化したり、味が変わったりするのでお湯が熱くなりすぎないように注意してくださいね。

キャップや容器に結晶が残っていると、再び結晶化してしまう可能性があるのだとか。結晶がなくなるまで完全に溶かしましょう。

結晶が完全に溶けた後、お湯から取り出して自然に冷ましたら、またハチミツを使うことができますよ!

ハチミツは、一度結晶化が始まると、さらに結晶化が進みやすくなるとのこと。

もっとも結晶化しやすい温度は、13~14℃で、一般的に冬季になりやすいそうです。動画では、結晶化する理由なども詳しく解説しています。

ハチミツが白く固まっていたら、試してみてくださいね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

Coopjapan[日本生協連]

Coopjapan[日本生協連]

  • チャンネル登録者数:4750人
  • 再生回数: 119万4481回

日本生活協同組合連合会より生協の取り組みや組合員交流の様子をお伝えします。

この記事をシェアする