空焼きしてから使ってる? 富澤商店が教える型の空焼き方法

料理・グルメ By - GLUGLU編集部 更新:

型の写真
※写真はイメージ

パンやお菓子作りにかかせない型。買ってそのまま使っている人もいるかもしれません。

ですが、使う前に空焼きをすると機械油の汚れを取り除くことができ、型を使った際に嫌なニオイを防げるといいます。

フッ素、シリコン、テフロン加工されている型やステンレス製の場合は、空焼きは必要ないとのこと。

空焼きが必要かどうかは、自分が持っている型の素材をチェックしてくださいね。

製菓や製パンアイテムを販売している『富澤商店』では、空焼きの方法を紹介しています。型のお手入れ方法を確認してみましょう。

動画はこちら

まずは、スポンジの柔らかい面を使って型とフタ全体を、洗い流します。

乾いたタオルなどで水気を拭き取ったら、オーブンを予熱しておきましょう。

最適な温度は、素材によって異なるの動画で確認してくださいね。

天板に型を並べたら、20分ほど焼きます。オーブンから取り出したらショートニングやサラダ油など、なるべく無味無臭の油脂をムラなく塗りましょう。

再度、予熱したオーブンに入れて20分ほど焼きます。焼き上がると油を塗ったところが黄色く変色したように見えるかもしれませんが、使用に問題はないそうです。

もう一度、油を布に付けてムラがないように塗り広げましょう。

定期的に使用する場合は、パンを焼いたら清潔な布で拭くだけでOKですが、長期間使用しない場合はきれいに洗ってオーブンの予熱などで乾かす必要があります。

洗うと、油膜がはがれるため、また油を塗って空焼きしてくださいね。お菓子作りなどで、型紙を敷いて使用する場合は、空焼きはしなくていいそうです。

空焼きすると、金属のメッキの耐久性を強くすることもできるといいます。ひと手間プラスして、型を育ててみてはいかがでしょうか。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

富澤商店

富澤商店

  • チャンネル登録者数:5万6900人
  • 再生回数: 837万6367回
関連ワード
富澤商店

この記事をシェアする