外出先で、食べ物のシミを付けてしまったら 覚えておきたい『応急処置』がためになる

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『BONチャンネル【ボンマックス公式】』の写真

「うわ!やっちゃった、最悪だよ…」

外出先での食事中に、食べ物をこぼして洋服にシミを付けてしまった経験はありませんか。

帰宅した頃にはシミが生地に馴染んでしまい、洗濯しても落ちなくなってしまった…なんてことも。

外出先でできた、シミの応急処置の方法

YouTubeチャンネル『BONチャンネル【ボンマックス公式】』では、外出先で付けたシミの、応急処置の方法を紹介しています。

すぐに洗濯ができなくても、応急処置をすることで、家に帰ってからシミを落とすのがラクになりますよ。

使用する物は、ティッシュ・ハンドソープ・水の3つだけ。飲食店にも、置いてあるような物なので、特別に何か持っていなくても試せるでしょう。

まずは、洋服に付いた固形物を、ティッシュで取ります。ゴシゴシと擦ってしまうと繊維に入り込んでしまうため、つまみ取るようにしてください。

次に、きれいなティッシュでシミ部分を押さえ、表面に付いた油を吸い取ります。

油を吸い取ったら、水を湿らせたティッシュにハンドソープを付け、洋服の裏側に乾いたティッシュを当てながら、シミに押し当てましょう。ここでも擦らず、ポンポンと叩くようにしてくださいね。

別に用意したティッシュを濡らしたら、洋服に付いたハンドソープを落とし、乾いたティッシュで水分を拭き取れば応急処置完了です。

後は、家に帰ったらすぐに洗濯をしてください。中には、洗濯ができない洋服もあるので、必ず洗濯表示を確認するようにしましょう。

シミは時間が経つと繊維に入り込んでしまうので、気付いた時に、なるべく早めに対処したいですね。

いざという時のためにも、覚えておいて損はないですよ!

同チャンネルでは、ほかにも柔軟剤を使う時の注意点やシワになりにくい洗い方など、洋服にまつわるライフハックを発信しています。

お気に入りの洋服をきれいな状態で長く着続けるためにも、ぜひチェックしてみてくださいね!


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

BONチャンネル【ボンマックス公式】

BONチャンネル【ボンマックス公式】

  • チャンネル登録者数:1260人
  • 再生回数: 45万1497回

この記事をシェアする