電子レンジに絶対入れてはいけないトップ10 これ入れると超危険!

ライフスタイル By - GLUGLU編集部 更新:

YouTubeチャンネル『GENKI LABO』の写真

電子レンジを使う時、気を付けていることはありますか。

近年では、電子レンジだけでできる料理もあるので、よく使っている人もいるかもしれません。

便利な一方で、間違った使い方をすると火災につながり、命の危険もあります。

市岡元気(いちおか・げんき)先生は、自身のYouTubeチャンネル『GENKI LABO』で電子レンジの危険性を訴えました。

電子レンジに入れると燃えるものは?

2019~2023年までに510件ほど起きている調理家電の事故の中で、最も事故が多いのは電子レンジだといいます。

以前、GLUGLUでも紹介したことのある『独立行政法人 製品評価技術基盤機構』の協力のもと、電子レンジに入れてはいけないものをランキング形式で発表。

自分自身や、大切な人の身を守るために一度目を通しておくと安心ですよ。

卵やブドウを電子レンジに入れると燃える

電子レンジには、マイクロ波を発生させる装置があります。電気と磁力の波『電磁波』が出て、水分子を揺らして摩擦熱で温まる仕組みです。

卵を電子レンジに入れてしまったことのある人はいるでしょうか。

卵の殻が付いたまま熱すると、水分が蒸発して風船が割れるように一気に爆発するのだとか。ウインナーなど、殻や膜のあるものも注意が必要だといいます。

ブドウは、2粒を電子レンジに入れると、ブドウの大きさがマイクロ波の波長に合い、プラズマが発生して燃えるのだそうです。

あまりブドウを温めることはないかもしれませんが、覚えておきたいですね。

YouTubeチャンネル『GENKI LABO』の写真

出典:GENKI LABO

飲み物はオートモードで温めないで!

コーヒーも注意が必要で、飲み物を温めるためのモード以外での使用は危険です。

液体が沸点に達しても沸騰せず液体の状態を保つ『加熱状態』になると、コーヒーの粉などを入れた時に爆発することがあります。

YouTubeチャンネル『GENKI LABO』の写真

出典:GENKI LABO

スプーンやお茶の粉などでも同じ事故が起こることがあるそうです。

電子レンジに、注意事項が書いてある場合もあるので、よく見てくださいね。

また、雨に濡れたノートなどを早く乾かそうと電子レンジに入れるのも注意です。

濡れている状態では燃えませんが、乾いた後も熱し続けると紙が炭化して燃えることがあるそうです。

紙皿やキッチンペーパーも、加熱しすぎないように気を付けてください。

クッキーを袋ごと電子レンジに入れると危険

電子レンジに入れてはいけないもの1位に選ばれたのは、クッキー

温めるとおいしくなるクッキーもありますが、包装紙ごと温めると、燃える可能性があります。

金属がないと思っても、袋の内側がアルミでコーティングされていると、燃えてしまうのです。

ほかにも、日常でよく使う物が『電子レンジに入れてはいけないものトップ10』にランクインしていました。

事故がないように、トップ10に入っている物を確認しておきたいですね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

GENKI LABO

GENKI LABO

  • チャンネル登録者数:101万人
  • 再生回数: 9億7832万3122回
関連ワード
市岡元気

この記事をシェアする