沸騰したてのお湯でコーヒーを淹れてない? あるひと手間を加えるだけで、おいしいコーヒーに!

ライフハック By - GLUGLU編集部 更新:

※写真はイメージ

缶やドリップ、エスプレッソなど、日本ではさまざまなコーヒーの飲み方があります。

それぞれの味わいがあり、シチュエーションによって飲み分けている人もいるかもしれません。

家でコーヒーを淹れる時は、ドリップが多いのではないでしょうか。そのドリップコーヒー、おいしくできていますか。

コーヒーにまつわるセミナーなどを開いている『UCCコーヒーアカデミー』は、YouTubeでコーヒーを淹れる時の最適な温度を紹介しています。

みなさんがいつもコーヒーを淹れるお湯は、沸騰したばかりの熱々のお湯ですか。それとも少し冷めたお湯ですか。

おいしいコーヒーを淹れるのに最適なお湯の温度は…。

温度によって、酸味・苦味・甘さのバランスが変わってくるといいます。最適な温度は、92~96℃なのだとか。

ぬるすぎても、熱すぎても、おいしいコーヒーは淹れられません。

適切な温度でないと、苦みが目立ってしまったり、酸っぱさがあったりして、コーヒーの味わいをつぶしてしまいます。

「バランスよく味を引き出してくれる、92~96℃のお湯はどうやって判別するの?」と、悩んでいる人も大丈夫。

動画内では、温度計がなくてもちょうどいい温度だと分かる方法を紹介していますよ。

一度適温のお湯でコーヒーを淹れたら、そのおいしさに驚くかもしれません。ぜひ、コーヒーブレイクに試してみてくださいね。


[文・構成/GLUGLU編集部]

チャンネル情報

UCCコーヒーアカデミー

UCCコーヒーアカデミー

  • チャンネル登録者数:2万6900人
  • 再生回数: 307万9296回
関連ワード
UCCコーヒーアカデミーコーヒー

この記事をシェアする